転職エージェント 転職重要知識

失敗しない転職エージェントの選び方

投稿日:2016年8月25日 更新日:

転職エージェント選び方

「どうやって転職エージェントを選べばいいの?」「どこの転職エージェントが自分に合っているのかわからない。」といった転職エージェントの選び方で悩んでいませんか?

今では転職支援の会社がたくさんありすぎてどこを選んでいいのか悩んでしまいますよね。転職エージェントの選び方を失敗してしまうと転職活動が長引いたり、最悪の場合には転職ができない結果となってしまいますのでどの転職エージェントを使うのかはとても大切です。

ここでは失敗しない転職エージェントの選び方について解説しています。最適な転職エージェントを選択して転職を無事に成功させましょう。

転職エージェントの選び方で最も重要な事

転職エージェントの選び方で最も重要な事、それはズバリ「相性の良い優良なキャリアアドバイザーと出会うこと」です。

転職のアドバイスを受ける求職者の立場からすれば、様々な転職相談の場数を踏んでいて膨大な経験と知識があったキャリアアドバイザーの方が当然良いですよね。

相性というのも大きく、あなたの価値観や考え方に近いキャリアアドバイザーは親身になって転職の大きな力となってくれます。

転職エージェントは人のキャリアを一緒に考えていく仕事のため高いモラルが求められますが、求職者の人生よりも自分の営業成績や給料を優先してしまうキャリアアドバイザーがいるということも残念ながら事実です。

「優秀なキャリアアドバイザー」と「最悪なキャリアアドバイザー」それぞれの特徴を以下に解説しています。

万が一、担当が以下に該当する最悪なキャリアアドバイザーに当たってしまった場合は「担当を変更する」もしくは「別の転職エージェントを利用する」ということを検討しましょう。

優良なキャリアアドバイザーの特徴

  • 話していて印象が良く相談に乗ってくれる
  • 転職先の企業について独自の情報を持っている
  • 業界動向や展望まで押さえている
  • 良質な求人案件を持っている
  • レスポンスが早く、あなたを企業へ売り込む営業スキルがある

優秀なキャリアアドバイザーの特徴は、初回面談であなたの話をしっかりと聞きながら親身に相談に乗ってくれます。

ビジネススキルが高く、企業の求人情報だけではなく内部の情報にも詳しく、今後この会社や業界がどうなりそうかそれなりに語れます。

最悪なキャリアアドバイザーの特徴

  • 特にヒアリングもなく求人を紹介してくる
  • 希望を無視して内定が出やすい企業ばかり紹介してくる
  • レスポンスが遅く、連絡が不定期
  • 業界や求人案件に対して知識が浅い

最悪なキャリアアドバイザーの特徴は、特にヒアリングもせずに大量の求人案件を紹介してきます。その求人案件は優良なものではなく内定が出やすいものが多いです。営業数字に追われていることが多く、あなたが微妙だと思う求人案件でも勧めてくる傾向があります。

悪いキャリアアドバイザーに当たると転職活動そのものが危なくなります。気を使う必要はありませんので、担当の変更を申し立てるもしくは他の転職エージェントを使いましょう。

転職を成功に導くための転職エージェントの選び方の流れ

「複数の転職エージェントに登録し、その中からあなたに適した転職エージェント(キャリアアドバイザー)を選ぶ。」ということがあなたの転職を成功に導くための転職エージェントの選び方です。とてもシンプルで簡単ですよね。

転職エージェントの選び方の具体的な流れは以下です。

  1. 総合転職エージェントに1〜2社登録する。
  2. 特化型転職エージェントに1社登録する。
  3. 相性のいい転職エージェント(キャリアアドバイザー)に絞る。

1.総合転職エージェントに2〜3社登録する

転職エージェントの種類は「総合転職エージェント」「特化型転職エージェント」の大きく2つに分けられます。それぞれメリットデメリットが違うので合計3社は登録するようにしましょう。

「総合転職エージェント」と「特化型転職エージェント」の比較です。

総合転職エージェント 特化型転職エージェント
案件数 ◎ 多い(自分に合う案件を見つけやすい) × 少ない(独自の案件を持っていることがある)
業界・職種 ◯ 業界・職種の幅が広い ◎ 一つの分野に強く特化している
エージェントの年齢層 若い(20代の人が多い) 中堅(大手から独立した人が多い)
その他 初めての転職者が多く、初めての方の成功事例が多い 2~3回目の転職者が多い。業種・職種を絞っている人が多い

総合転職エージェントの選び方はシンプルであなたの活動拠点に合わせて1〜3社を選びましょう。転職エージェントを利用すると担当のキャリアアドバイザーと面談をすることになりその企業に伺うことになるからです。

数ある転職エージェントの中から評判がよく、実際のサービスのクオリティーの高い5社を厳選しました。他にも優良エージェントはありますが、まずは下記5社からおすすめします。

おすすめ総合転職エージェント 面談可能場所
リクルートエージェント 東京(丸の内・立川)・神奈川(横浜)・栃木(宇都宮)・さいたま(大宮)・千葉(千葉)・静岡(静岡)・愛知(栄)・京都(烏丸)・大阪(梅田)・兵庫(三ノ宮)・岡山(岡山)・広島(八丁堀)・福岡(天神)・北海道(札幌)・宮城(仙台)
DODA 東京(丸の内)・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪(梅田)・京都(京都駅)・兵庫(三ノ宮)・広島(立町)・福岡(天神)・北海道(札幌)・宮城(仙台勾当台公園駅前)
パソナキャリア 東京(丸の内)・大阪(本町駅)・愛知(栄)
マイナビエージェント 東京(京橋)・大阪(梅田)・愛知(名古屋駅)・静岡(静岡駅)
type転職エージェント 東京(赤坂)

「初めて転職する方」「どこに登録すればいいかわからない方」は、まずは信頼・実績があり、安心して利用ができるリクルートエージェントDODAの2社に登録して、面談を受けてみることをおすすめします。

2.特化型転職エージェントに1〜2社登録する

特化型転職エージェントとは、特定の業界に強い転職エージェントです。そこのキャリアエージェントも特化している業界に精通しており具体的なアドバイスをしてくれたり、独占の優良求人を保有していることが多いです。

あなたの転職希望先の業界が明確になっており、その業界に強い転職エージェントがある場合は利用するべきでしょう。各業界・分野別に、特におすすめのエージェントを厳選してまとめました。

業界・分野 おすすめ転職エージェント
IT・Web業界 ワークポート
IT・Web業界 マイナビエージェント×IT
広告・マスコミ業界専門 マスメディアン
IT・Webエンジニア(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府) レバテックキャリア
ゲーム・映像業界エンジニア シリコンスタジオエージェント
Web・ゲームクリエイター専門 マイナビクリエイター
製造系エンジニア メイテックネクスト
20代・第二新卒専門 マイナビジョブ20's
既卒・フリーター専門 ハタラクティブ
ハイクラス・エグゼクティブ ビズリーチ
30代ハイクラス・エグゼクティブ クライス&カンパニー
会計、税務、経理・財務分野 ジャスネットキャリア
会計、税務、経理・財務分野 MS-Japan
会計士 マイナビ会計士
管理職を目指すキャリア女性 ビズリーチ・ウーマン
IT・Web業界のキャリア女性 LiBzCAREER(リブズキャリア)
ファッション・アパレル業界(全国対応) クリーデンス
ファッション・アパレル業界(首都圏に特化) ファッショーネ

3.相性のいい転職エージェント(キャリアアドバイザー)に絞る

転職エージェントに2〜3社に登録後は、企業に来社し面談を行います。面談では転職支援のパートナーとしてあなたに適しているかどうかキャリアアドバイザーの質を見極めましょう。キャリアアドバイザーの方もあなたのことを企業に推薦できる応募者かどうかを見定めているという点も忘れないようにしましょう。

最終的にはあなたに合った転職エージェントを1〜2社に絞り転職活動をしていきましょう。これらの転職エージェントの選び方をしていけばきっとあなたの転職活動は上手く進めていくことができるでしょう。

転職エージェントとの上手な付き合い方

転職エージェントは求人案件を紹介してもらうこと以外にも付き合っていくメリットが大きいです。

まず、あなたの転職市場価値を客観的に評価してくれます。また応募した企業先の情報や通常では知ることのできない内部の情報まで細かく教えてくれたりしますので上手に付き合っていくことで転職を優位に進めていけるのです。

ここからは転職エージェントとの上手な付き合い方について重要なことを解説していきます。

自分から連絡を取る

転職エージェントは求職者の希望を聞いてから、適した求人案件を探すわけですがすぐに見つかるとは限りません。そうなると転職エージェントからなかなか連絡が来ないという事態もありえます。

こういう時は2週間に1回程度連絡を入れてみましょう。※何度も連絡を入れすぎてしまうと面倒と思われてしまうケースがありますので注意してください。

どのような理由で求人案件が見つからないのかを知っておくと転職活動を進める上で有益です。場合によっては条件を緩めたり、対象とする求人案件を広めたりするきっかけとなるでしょう。

合わない転職エージェントなら替えるのも可能

担当変更はさほど大した問題ではありませんので、相性が合わなかったり、知識や能力に不満があれば変えてもらいましょう。転職がズルズルとなかなか決まらないという状況を避けるためには早めの見極めが重要です。

もしどうしても言いにくい場合は他社の転職エージェントを利用しましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

ここでは、失敗しない転職エージェントの選び方を解説させていただきました。

希望としている職種・業種への転職に強いのかどうかということが、まず転職エージェントを選ぶ際に重要なポイントとなります。

それと同じくらい優秀で相性のいいキャリアアドバイザーと出会えるかどうかも重要なポイントとなりますので、いくつかの転職エージェントを比較しながら転職活動をしていきましょう。

ただし、4社以上の転職エージェントに登録をしてしまうとかえってエージェントとのスケジュール調整が大変になってしまうので注意してください。登録は多くて3社です。

あなたにおすすめの人気記事

1
転職エージェントおすすめ比較ランキング【厳選30選】

「どの転職エージェントに登録すればいいのか分からない。」と悩んでいませんか? 転職エージェントは数多くありますが、それぞれ得意な業界・職種やサービスの質が大きく異なってきますので、各社のサービス内容や ...

2
20代が使うべきおすすめの転職エージェントを比較ランキング

・「20代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?」 ・「転職をして"キャリアップ"と"年収アップ"はできるの?」 ・「本当に転職できるの?」 あなたはこういったことで ...

3
30代が使うべきおすすめの転職エージェントを比較ランキング

「30代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?さらにキャリアップと年収アップもできるの?」と不安に思っていませんか。 30代の転職ではポテンシャル採用よりも、あなたの ...

4
女性向け転職エージェント徹底比較|おすすめランキング

「女性のキャリア・結婚・出産・育児を考えてくれている、女性特化の転職エージェントはないの?」と悩んでいませんか。 結婚・出産後も働き続けたいという女性が増えてきているとともに、女性を積極的に採用したい ...

-転職エージェント, 転職重要知識

Copyright© Career Change , 2017 AllRights Reserved.