仕事辞めたい

仕事辞めたいのに辞めさせてくれないときの対処法

更新日:

仕事辞めたい 辞めさせてくれない

仕事辞めたいけど辞めさせてくれない」「辞めると伝えたのに引き止められている」という悩みをあなたは抱えてはいませんか?

ここでは仕事辞めたいのに会社が辞めさせてくれない人に向けて、具体的な対策とやるべきことを解説していきます。

退職届の提出で会社を辞める

退職届という書類、耳にする機会はあっても使ったことがあるという人はあまり多くはないですよね。

結論からいうと、適切に「退職届」を提出することで、会社を辞めさせてくれないという悩みは解決することができます。

退職届とは、退職の宣言(労働契約の解約通告)のことで、会社側はこの内容を拒否することはできません。退職届を提出すると、民法第627条によって最短2週間で雇用契約を終了することができるのです。

ただし退職届は撤回することができないため、まだ会社を辞める意思がかたまっていない場合には使用すべきではありません。

退職届の作成時に気をつけるべきポイント

退職届は間違えて提出してしまうと問題に発展してしまう可能性があります。特に「退職届」「退職願」の記載には十分に注意しましょう。

退職願は退職届と違い、「労働契約の合意解約申入れ」となり、退職することをお願いする書類になります。

文面でも「退職いたします」と言い切ることが肝心で、「退職したくお願い申し上げます」などの表現にならないよう注意が必要です。

既にトラブルになっている人、ひきとめに悩んでいる人は、ひとりで抱え込まずに労働基準監督署に相談してみましょう。

計画的に退職手続きを進める6つのステップ

ここまではもし辞めさせてくれない場合の手段について紹介してきました。

しかし、できれば円満退職したいですよね。そこでここからは計画的に退職・転職する方法について紹介していきます。

ステップ1. 退職の意思を固める

「会社が辞めさせてくれない」と悩んでいる人の多くは、ひきとめにあうことで退職の意思が揺らいでしまっている状態ではないでしょうか。

会社側が会社を辞めないようひきとめる場合の理由の例をいくつか挙げてみます。

  • 引き継げる人がいない
  • 忙しいので辞められては困る
  • 不満は改善するよう努力するので辞めないでほしい

残る人のことを考え、なかなか辞めることに踏み切れない人もいるかもしれません。

ですが一度辞めたいと申し出て辞めるのを躊躇した場合、人間関係が気まずくなってしまったり、パワハラにあってしまったりするという経験談をよく目にします。

「仕事辞めたい」と決めたら、退職の意思を固めてから会社に申し出るようにしましょう。

ステップ2. スケジュールの確認 … 退職時期

退職の意思を固めたら、まずは辞めるスケジュールをたてていきます。その際上司・会社にはギリギリの2週間前に申し出ればいいというわけではなく、会社の就業規則を確認することをおすすめします。

1~2か月前には上司・会社に仕事辞めたいという意思を伝えるのが一般的です。

ステップ3. スケジュールの確認 … 転職時期

退職時期とあわせて確認しておきたいのが転職時期です。というのも転職活動は退職前に行っておくことがおすすめで、退職を申し出るときには転職先が決まっていることが理想だからです。転職活動には3か月~半年かかると想定しておきたいですね。

会社を辞めた後で転職活動をはじめたほうが、ゆっくりあなたのペースで仕事を探せるのではないかと思う人もいるかもしれません。ですが辞めた後で転職活動をはじめることには以下のようなデメリットがあります。

会社を辞めてから転職活動をはじめるデメリット

  • 転職活動中の空白期間に収入が途絶える
  • 転職活動が長引くことで妥協の転職に流れやすい
  • 在職中でないことが転職活動で不利になることも

在職中の転職活動では時間がとりづらく、思うような転職ができないと思われるかもしれませんが、転職エージェントなどを利用すれば効率的に理想の転職を叶える可能性が高まります。

ステップ4. 転職理由の整理

上司・会社に伝える転職理由についても、事前に準備しておくことをおすすめします。

もし会社に対する不満などのネガティブな理由で仕事辞めたいと相談した場合、「改善するから残ってくれ」などのひきとめにあう可能性があります。会社に伝える転職理由は前向きな理由を考えてみましょう。

会社に伝える仕事辞めたい理由例

  • 新しくやりたいことができた
  • スキルアップ・キャリアアップの目標ができた

この時すでに転職先が決まっていたとしても、転職先について触れない方が無難です。

ステップ5. 上司・会社への伝え方

「辞めさせてくれないかもしれない…」という理由で、書類だけ作成して上司の机の上に置いておくという方法はおすすめできません。退職の意思をはっきりと伝えながら直接手渡しで退職届を提出しましょう。

会社でフォーマットが用意されている場合もありますので、念のため事前に確認しておきましょう。

ステップ6. 退職届を受け取ってもらえない場合の対処法

退職届を会社が受け取ってくれないという場合に有効なのが、配達記録付内容証明郵便です。

配達記録付内容証明郵便とは、いつ・誰が・誰に・どんな内容の文書を送付したかという事実を、郵便局が証明してくれる書留郵便です。

内容証明郵便では会社に送る書面を郵便局でも保管してくれます。配達記録付で送ることにより、会社が退職届を受け取ったという事実を郵便局が証明することができるのですね。

辞めさせてくれない場合の転職方法:転職エージェント

では実際の転職活動の仕方について紹介していきます。

仕事辞めたいのに辞めさせてくれない場合の転職活動では、転職エージェントを利用した転職活動がおすすめです。

転職サイトを使った転職活動という方法もありますが、転職活動が長引いたり、辞めたいあまり妥協の転職となってしまったりしてしまいがちです。

転職エージェントを利用して、仕事を辞めることを叶えるだけでなく、よりよい転職先・理想の転職先に出会い、転職を成功させていきましょう。

転職エージェントがおすすめの理由

仕事辞めたいのに会社にひきとめにあっているような場合、ひとりで転職活動を行っていると言い負けてしまったり、ひきとめに応じてしまったりすることもあるかもしれません。

転職エージェントと転職活動を進めている場合、スケジュール管理や転職先との調整もキャリアアドバイザーと一緒にすすめていくことができるので、転職へのモチベーションを高く保つことができます。

特に下記のサポートを利用することで、今の仕事を辞めるだけでなく、理想の転職を果たせる可能性が高まりますので、是非利用してみましょう。

適職相談

仕事辞めたい理由を明確にして、転職で求める仕事への条件が決まったら、転職エージェントに適職相談してみるのがおすすめです。転職後に再び仕事辞めたいと思わずに済むよう、仕事選びは慎重に行いたいですね。

「慎重に…」といっても、転職エージェントは転職のプロ。あなたにあった企業とのマッチングをしてくれます。

面接対策

仕事辞めたいのに辞めさせてくれないと悩んでいる人の中には、あなたの意見や意思をうまく相手に伝えられないという人もいるかもしれません。もし面接でうまく話せないかもしれないと自信を無くしている場合、面接対策のサポートを受けるのがおすすめです。

条件交渉

退職・転職時期の調整など、転職にかかわる条件交渉もキャリアアドバイザーが行ってくれます。

退職の意思を固めたら、嫌々仕事を続けなくていいようしっかりと対処し、理想の転職に向けて前向きに対応していきたいですね!

仕事辞めたい方」におすすめの転職エージェントを年代別にこちらの記事でご紹介しています↓

人気記事20代が使うべきおすすめの転職エージェントを比較ランキング

人気記事30代に評判の転職エージェントおすすめTOP3

おすすめの人気記事

1

「どの転職エージェントに登録すればいいのか分からない。」と悩んでいませんか? 転職エージェントは数多くありますが、それぞれ得意な業界・職種やサービスの質が大きく異なってきますので、各社のサービス内容や ...

2

このようなことで悩んではいませんか? 「20代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?」 「転職をして"キャリアップ"と"年収アップ"はできるの?」 「本当に転職できる ...

3

このようなことで悩んではいませんか? 30代は、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの? キャリアップと年収アップの転職はできるの? 転職したいけど、具体的にどう動いていけばいいの? 30代の ...

4

「女性のキャリア・結婚・出産・育児を考えてくれている、女性特化の転職エージェントはないの?」と悩んでいませんか。 結婚・出産後も働き続けたいという女性が増えてきているとともに、女性を積極的に採用したい ...

-仕事辞めたい

Copyright© Career Change , 2018 All Rights Reserved.