転職重要知識

年収交渉は転職エージェントに任せよう|秘密の年収アップ術を公開

投稿日:

年収交渉は転職のプロである転職エージェントに任せましょう。

ここでは転職の年収交渉時において知っておきべき情報をまとめています。上手に転職エージェントを利用して年収アップの転職を実現させましょう。

年収交渉は転職エージェントに任せよう|秘密の年収アップ術を公開

転職エージェントに年収交渉を任せた方がいい理由

企業に直接応募で転職した場合、年収交渉は自分でしなければなりません。実際の直接交渉で年収が上がるのはほんの一部の人で、年収が大幅にアップすることは少ないです。

転職エージェントの場合は、あなたと企業の間に転職エージェントのキャリアアドバイザーがいます。企業に何か要望がある時も、キャリアアドバイザーを通して話をするため年収アップの依頼をするのもキャリアアドバイザーになります。

年収アップのお願いは企業に直接言いにくくてもキャリアアドバイザーには相談できるという人も多くいます。

実際、転職時に企業に直接交渉している人は全体の約40%しかいません。残りの約60%の人は交渉することなく転職しているので、それだけ言いだしにくいということですが非常にもったいないです。

キャリアアドバイザーは自分が担当している企業に交渉するわけですから、相手の性格や企業の内情など細かい部分まで知っていますので有利に年収交渉を進めることができます。

また、求職者(あなた)の年収が上がれば転職エージェントの利益も上がるので喜んで交渉してくれます。

もちろん簡単に年収があがるわけではありませんし、全ての年収交渉を喜んでしてくれるわけではありません。

キャリアアドバイザーに上手く年収交渉してもらうには、その企業にどれだけ転職したいのか、転職の意思がどれだけ強いのかなど、あなたのやる気を見せる必要があります。

希望年収は高めに設定する

キャリアアドバイザーに交渉をお願いする時は、登録時に希望年収の設定を高めにしておきます。

高めに設定しておくのには理由があり、転職エージェントは転職が決まった内定者の年収の約30%を手数料として企業から受け取っています。そのため、安い年収で採用されるより少しでも高い年収で採用してもらう方がキャリアアドバイザー的にもうれしいのです。

日本人は「控え目」な人が多く本当にほしい年収より低い年収で設定してしまう人が多いですが、転職エージェントの場合は高い年収設定でもイヤな顔をされることはありません。

転職目的が「年収を上げたい」という人もたくさんいますから、年収設定は高めに設定しておきましょう。

実際年収交渉をすると設定通りの金額より低くなることが多いので、このことからも年収設定は高めの方が良いと言えるでしょう。

年収設定を低くしてしまうと転職エージェントから企業に売り込む時に「年収低くても大丈夫だそうです」とお買い得感を売りにしてしまいます。

もし、このまま低い年収で採用されてしまうとその後年収を上げるのはとても難しくなりますので、最初の年収設定を高くすることがいかに大切かということを知っておきましょう。

企業の年収・給与の相場を事前に確認しておく

転職エージェントに登録する際にあなたが欲しい年収を伝えるのも良いのですが、年収の相場というものがありますので、あまりかけ離れた年収だと転職エージェント側も交渉に困ります。

あまりにかけ離れた年収を伝えると妥当な年収を教えてくれるのですが、それでは転職エージェント側の言い値で年収が決まってしまいます。

せっかく転職するのですから、前職より少しでも年収を高くしておきたいので年収の相場を知っておく必要があります。

年収の相場を調べる際に自分がどんな職業や職種に転職したいのかが決まっている場合は、その職業や職種に絞って年収を調べてみましょう。

もし、転職したい職業や職種がまだ決まっていない場合は自分の年齢の相場の年収を調べ、今までもらっていた年収と比較して、相場の方が高ければ相場より若干高めの年収を希望年収にしておくと良いでしょう。

相場より自分がもらっていた年収が低い場合は、今までの年収よりだいぶ上がるかもしれませんが、相場年収、もしくは相場年収より少し高めの年収を希望年収にしましょう。

相場年収を調べるのに、企業の年収・給与情報サイト「キャリコネ」がとても役に立つのでぜひ利用してみてください。

キャリコネに無料登録すると企業の年収や月給だけでなく、残業代、手当、賞与などを具体的にカバーした情報と、働く環境やローカルルール、社内恋愛など、社員にしかわからない口コミや転職時の面接体験なども見ることができます。

年収交渉時の注意点

転職エージェントのキャリアアドバイザーに年収交渉をする時、「〇〇会社では年収〇〇〇万円で内定をもらっている」という内容は本当であれば良いのですが、年収を上げたいがための嘘なら辞めておきましょう。

キャリアアドバイザーは転職のプロですので年収の嘘をついてもすぐにばれてしまいます。

業界の年収の相場や企業が採用するのはこんな人材など採用に関することは全て頭に入っています。

年収交渉をするときはキャリアアドバイザーに任せるわけですから、嘘をついてしまうと一気に信用を失い、交渉しにくくなります。素直に話し、どれだけ転職する意思があるのかという思いを伝えましょう。

ただし、実際に他社エージェントから内定をもらっている年収が、その時に話しているエージェントの提示年収より高い場合はキャリアアドバイザーにきちんと話ししておきましょう。

まとめ

転職エージェントは求人を紹介してくれたり、年収を交渉してくれたりと、至れり尽くせりのように感じますが、求人を紹介してもらうのも年収が上がるのもあなたがどれだけ転職に本気なのか、その企業に入社したいのかという思いの強さが一番重要です。

キャリアアドバイザーも転職の意思が強い人や、その企業にどうしても入社したいという思いの強い人の方が押しやすいですし、企業にあなたのことをアピールする時に自然に熱が入ってしまうものです。

企業側があなたのことをぜひ採用したいと思ってもらえれば年収を上げやすくなりますし、今後の交渉もやりやすくなります。

そして、企業は素直で即戦力になる人を求めています。

頑固で自分の考えを通す人より、周りの意見や話しを素直に聞き、スポンジのようにどんどん吸収して成長してくれる人材が欲しいものです。

キャリアアドバイザーが押したくなるような、素直で転職の意思が強い人だと伝われば年収交渉もうまくいきやすくなるでしょう。

真剣に転職活動に取り組めば、あなたが理想としている企業へ「年収アップ」という条件で転職することができますよ。

おすすめの人気記事

1

「どの転職エージェントに登録すればいいのか分からない。」と悩んでいませんか? 転職エージェントは数多くありますが、それぞれ得意な業界・職種やサービスの質が大きく異なってきますので、各社のサービス内容や ...

2

このようなことで悩んではいませんか? 「20代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?」 「転職をして"キャリアップ"と"年収アップ"はできるの?」 「本当に転職できる ...

3

このようなことで悩んではいませんか? 30代は、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの? さらにキャリアップと年収アップもできるの? 30代の転職ではポテンシャル採用よりも、あなたの今までの経 ...

4

「女性のキャリア・結婚・出産・育児を考えてくれている、女性特化の転職エージェントはないの?」と悩んでいませんか。 結婚・出産後も働き続けたいという女性が増えてきているとともに、女性を積極的に採用したい ...

-転職重要知識

Copyright© Career Change , 2018 All Rights Reserved.