転職重要知識

転職で年収アップするための3つの方法とは?

投稿日:

転職 年収アップ

  • 何年も会社に勤めているのに、給料・年収がなかなか上がらない。
  • 年収をどうやって上げるのかわからない。

と悩んでいませんか?

心機一転、転職をすることが年収アップをするための一番の近道です。

ここでは「転職で年収アップする人」と「転職で年収ダウンする人」の特徴を説明しています。

それらを踏まえて「転職で年収アップするための3つの方法」を説明しているので、ぜひ参考にしていただき転職をして年収アップを実現させましょう。

転職で年収アップする人の特徴

転職で年収アップを実現する人はどのような特徴があるのでしょうか。

一言でいうと、組織のリーダーとして結果をだす能力がある人です。

極めてニッチな市場で特殊技能を持っているような職業の方は別として、複数の人間で構成される集団に結果をださせる能力を持った人は、組織としてとても重宝されます。

とても達成できそうもない与えられた目標に対して、逃げずに考え抜いて対策案を提示することができて、それだけでなくメンバーを鼓舞して集団として行動を実行できる人です。

組織が結果をだせばメンバーも報われるわけで、自分の属している集団のメンバーに幸せを配れる人が、年収アップができる人と言えるでしょう。

転職で年収ダウンする人の特徴

一緒に働く職場の皆さんに敬意を持って接することのできない方は、転職先でも苦労するわりには思ったように年収が上がらないでしょう。

自分の腕だけに頼って働くフリーランサーでもない限り、多くの方が職場があり組織で働きます。組織が上手に機能して結果がでることによって、メンバーである社員の年収が上がるわけです。

会議で建設的な発言ができずに否定的なコメントばかりが口をついて出るような方は、結果を出さなければならない組織を率いることはできません。異なる個性を持った人間が集まって組織を作ることによって、予想もしない素晴らしい化学反応が起こるわけです。

会社という組織は率いている経営者の人格を超えないと言われています。職場や取引先の方々に日常的に敬意を持って接することのできない方は、高い志を持ちながら結果を残せる会社に転職することは難しく、結果として年収アップは望めないでしょう。

転職で年収アップするための3つの方法とは?

方法1:具体的な目標年収を定めて、年収アップの理由を明確にする

高い成果を出せるプレーヤーとしての転職と、個性的なプレーヤーに楽しく仕事をさせるマネージャーとしての転職では、転職市場の年収は大きく異なります。年齢を重視しているわけではないのですが、遅くとも30代の半ばまでにはマネージャーとして個性的なスタッフで構成されるチームを率いる経験をしたいものです。

年収で1000万円を超えるのはプレーヤーとしては至難の技ですが、マネージャーであれば手の届かない年収ではありません。

さらに、日系企業で海外赴任の機会が与えられれば、現地では経営者の一人として海外拠点の舵取りをすることになります。与えられたままに海外赴任を過ごした方と、目標を立てて海外赴任の期間に自分を成長させた方とでは、マネージャーの力量に大きな開きが出てくるでしょう。

海外赴任でマネージャーとしての力量を備えた方は、経営者としてのキャリアパスが見えてくるでしょう。結果を出せる経営者となれば、少なくとも年収で1500万円は下らないでしょう。

方法2:同業他社への転職は年収アップしやすい

同業他社への転職は転職希望者の実績が評価しやすいため、結果として、転職ができれば年収アップが見込めます。

20代後半から30代前半の場合は、プレーヤーとしての転職になります。同業他社への転職であれば、これまでのキャリアを通じて培った自分の人脈を動員したクチコミによる転職がベストです。

同業者の勉強会で世話役などを引き受けて交流すると、ライバル企業が探そうとしているポジションの存在が耳に入ったり、ライバル会社の中堅幹部から誘われたり、または、転職を経験した方と出会って転職活動の経験を聞くことができたりします。

30代後半から同業他社への転職は、ヘッドハンティングを行うエージェントによるものがベストです。転職先での仕事は納得がいく内容で、さらに、自社よりも条件が良いオファーを頂いたうえで転職をするのが望ましいです。

同業他社と現在勤めている会社の文化の違いは想像以上に大きいですが、自分に適した文化や雰囲気であれば、長いサラリーマン人生を有意義に過ごせるでしょう。どちらのアプローチでも、本音で前向きな転職理由を語れるのであれば、後悔しない転職といえます。

方法3:転職エージェントを利用して年収アップ

転職をするかどうかを迷ったら、すぐに転職エージェントには登録をしておきましょう。

数年後にチャンスが来るかもしれませんし、今週突然チャンスが来るかもしれません。良縁を逃さない工夫が必要です。

転職エージェントも多くあり、外資系に強い、IT企業に強い、日系案件が豊富、エグゼクティブに強い、第二新卒に強いなどの特徴があります。

まずは、各転職エージェントからもたらされる情報を吟味しながら、相性の良いエージェントを数社に絞りこみましょう。

履歴書、職務経歴書、専門誌への寄稿実績などを分かりやすくまとめ、自分を売り込んでくれる転職エージェントに自分を十分に理解してもらいましょう。いくつかの書類で第一次選抜が行われるので、自分の人間性が分かりやすく伝わるように工夫をすべきです。

無関係と思われるかもしれませんが、地域のお祭りの企画運営に積極参加している、休日に少年野球のコーチをしている、フルマラソンを走りきったなど、プライベートが充実している人の方が好印象を与えるものです。特に、最終の役員面接では、役員に自分の活躍をイメージさせることができるかが大切です。

さいごに

転職をすることで年収アップをするためには、日々の仕事で成果を出し続けること、戦略的な行動が必要です。

組織にも結果をもたらせるリーダーになり、年収アップを実現しましょう。組織という集団で働く限り、すべての人に敬意をもって接し、常に前向きな発言に努めましょう。組織として成果をあげるためには、異なる仕事する人々を調和させて化学反応を起こさせる必要があります。

難しい問題は生じますが、逃げ出さずにソリューションを見つけ実行できるリーダーになれるように努めましょう。マネージャーとしてリーダーとしてふさわしい振る舞いができれば、年収アップは容易です。

同業他社への転職は、30代前半までのプレーヤーと30代後半のマネージャーからの転職とではアプローチが異なります。プレーヤーとしての転職は能動的なアプローチが必要ですし、マネージャーとしての転職はどちらかといえば時間をかける受動的なアプローチになります。

どちらのアプローとでも大切なことは、本音で前向きな転職理由を語れることです。そうであれば、転職先で有意義なサラリーマン生活を送れる可能性は高まります。

転職エージェントは、転職するかどうかを迷ったら、すぐに利用を始めましょう。

良縁はいつやって来るか分かりません。転職エージェントはそれぞれ強みがありますので、転職サイトに登録してお付き合いした多くの転職エージェントから、相性のいい数社程度に絞りこみましょう。

第一次選抜は履歴書などの数種類の文書を通じて行われますので、転職エージェントや人事担当者に自分の職歴だけでなく人間性を伝えられるように、わかりやすいエピソードを簡潔に書くなどの工夫をしましょう。

最終面接で役員に、自分が活躍して会社に成果をもたらすイメージを与えられたら、年収がアップする転職ができるはずです。

おすすめの人気記事

1

「どの転職エージェントに登録すればいいのか分からない。」と悩んでいませんか? 転職エージェントは数多くありますが、それぞれ得意な業界・職種やサービスの質が大きく異なってきますので、各社のサービス内容や ...

2

このようなことで悩んではいませんか? 「20代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?」 「転職をして"キャリアップ"と"年収アップ"はできるの?」 「本当に転職できる ...

3

このようなことで悩んではいませんか? 30代は、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの? さらにキャリアップと年収アップもできるの? 30代の転職ではポテンシャル採用よりも、あなたの今までの経 ...

4

「女性のキャリア・結婚・出産・育児を考えてくれている、女性特化の転職エージェントはないの?」と悩んでいませんか。 結婚・出産後も働き続けたいという女性が増えてきているとともに、女性を積極的に採用したい ...

-転職重要知識

Copyright© Career Change , 2018 All Rights Reserved.