ケース別|転職

未経験からプログラマーへ転職するための方法

投稿日:

未経験プログラマー転職

「今の会社にいても、このまま成長できると思えない。」「30歳になるまでに専門性を持っておきたい。」と思って、あなたもプログラマーという仕事に興味を持ったのではないでしょうか。

今だに着々とIT人材の需要は増えている一方で、IT人材の不足が続いています。そのおかげでたとえ今までプログラミング経験がなかったとしてもやる気と熱意があれば、特に若い方は転職できるチャンスがあります。

そこでこの記事では、プログラマーへの転職を考えているあなたに実際のプログラマーの仕事内容や未経験から転職するための方法を紹介します。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事はパソコンと向き合って一日中コードを書いているイメージがあるかもしれません。ですが、仕事内容はプログラマーの種類によって全然違います。プログラマーを大きな種類で分けると実は4つに分けることができて、Webプログラマー、アプリケーションプログラマー、ゲームプログラマー、組み込み系プログラマーです。

組み込み系プログラマーは聞き馴染みがないかもしれないですが、スマートフォンやデジカメなどに組み込まれるプログラムの実装を担当します。ソフトウェアだけでなくハードウェアの知識も必要とされるためプログラマーの中でも難易度が高い仕事です。プログラミング言語としてはC言語が主流です。

ただおそらくあなたがプログラマーとして未経験から転職しようと考えているのは、組み込み系ではなくWeb/アプリケーション/ゲームプログラマーの方でしょう。

Web/アプリケーションプログラマーは、システムエンジニアが顧客と打ち合わせて決めた設計に基づいて実際のプログラムを書くことが仕事になります。仕様書通りに作るだけでなく、ユーザーの使い勝手まで考えなければならないので、単純なプログラミングスキルだけでなくデザイン力やユーザーの行動に対する想像力が求められます。様々なプログラミング言語が用いられていて、php、Ruby、Python、Javaが代表的です。

そしてゲームプログラマーはキャラクターの動きの制御やグラフィックスの描画といった、いわゆる「システム」とは全く違う実装をすることになります。ゲームプログラマーの場合は、プログラミング言語だけでなく、unityのようなゲームの開発に特化したプラットフォームを使いこなせることも必要です。よく使われるプログラミング言語はC#、Swiftです。

特にiPhoneアプリはSwiftでしか実装できないので、AppStore向けに何かアプリを作る予定があるならSwiftで書けることは必須条件になります。

プログラマーの年収

平成27年のプログラマーの平均年収は408万円ほどとなっています。(http://nensyu-labo.com/syokugyou_programer.htm)年によってばらつきがありますが、年収300万円台後半から400万円台前半を行ったり来たりという様子です。

ただプログラマーは会社の規模だけでなく、扱えるプログラミング言語によってももらえる給料が全然違います。調査結果によると機械学習・AIのニーズが高まった影響でPythonを使えるプログラマーの平均年収は651万円となっています。(https://jp.stanby.com/media/programming_ranking/)

未経験からプログラマーになるには、プログラミングクールがおすすめ

未経験プログラマー

人材不足の業界ということもあって未経験可の求人が出されていることもあります。ですがそのような企業では研修がしっかり準備されていないこともあり、未経験可の求人にはそれ相応の理由があると考えたほうが無難でしょう。

そのため、未経験からプログラマーに転職するならまずは、プログラミングスクールに通って最低限の技術が身についたあとで、本格的な転職活動を始めるのがおすすめです。

プログラミングスクールに通うと講義の中で実際にWEBアプリやWEBサービスを作ることがほとんどです。たとえ業界未経験だったとしても「作ったことがある」という経験は面接の時に有利になります。

未経験可の求人がある中であえてプログラミングスクールに通うことは遠回りに思えるかもしれないですが、転職先の会社の幅を広げることにも役立ち、ホワイトな会社に転職できる可能性も高まります。

プログラミングスクールに通いたいあなたにオススメ人気記事

未経験OKのプログラマー求人を探そう

未経験OKのプログラマー求

求人の探し方は転職サイトを利用するか、転職エージェントを利用するかの大きく2つです。

転職サイトに掲載されている求人の中には「未経験可」のプログラマー求人があるので、その中からあなたが興味を持った会社に絞って選考を進めていきましょう。

ただ転職サイトはマイナーなところよりも大手のサイトを使うようにした方が安心です。最近は過労死など話題になっていますが、大手の転職サイトではいわゆる「ブラック企業」の求人は掲載しないような対策が取られているからです。

そして転職エージェントならばプロのキャリアアドバイザーのサポートを受けながら転職活動ができます。キャリアアドバイザーは転職サポートのプロなので、あなた1人では得られなかった情報も提供してくれるはずです。

また転職エージェントを利用することによって、選考を特別ルートで受けられることもあります。

もしあなたが今すぐ転職したいと考えているなら、転職エージェントの利用がおすすめです。一方で、マイペースに転職活動を進めていきたいなら転職サイトの利用がおすすめです。

未経験OKのプログラマー求人を探しているあなたにオススメ人気記事

おすすめの人気記事

1

「どの転職エージェントに登録すればいいのか分からない。」と悩んでいませんか? 転職エージェントは数多くありますが、それぞれ得意な業界・職種やサービスの質が大きく異なってきますので、各社のサービス内容や ...

2

このようなことで悩んではいませんか? 「20代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?」 「転職をして"キャリアップ"と"年収アップ"はできるの?」 「本当に転職できる ...

3

このようなことで悩んではいませんか? 30代は、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの? さらにキャリアップと年収アップもできるの? 30代の転職ではポテンシャル採用よりも、あなたの今までの経 ...

4

「女性のキャリア・結婚・出産・育児を考えてくれている、女性特化の転職エージェントはないの?」と悩んでいませんか。 結婚・出産後も働き続けたいという女性が増えてきているとともに、女性を積極的に採用したい ...

-ケース別|転職

Copyright© Career Change , 2018 All Rights Reserved.