仕事辞めたい

仕事辞めたいと感じたら…次の仕事探し6つのポイント

投稿日:

仕事辞めたいと感じたら、次の瞬間に沸きあがってくるのが「次の仕事どうしよう…」という悩みではないでしょうか。

次の仕事が決まってないとすぐに仕事を辞めてしまうのは不安ですよね。

ここでは仕事辞めたいけどまだ次の仕事が決まっていない人に向けて、次の仕事探しのポイントを6つ紹介していきます。

仕事辞めたいと感じたら…次の仕事探し6つのポイント

ポイント1. 次の仕事探しは退職前に!

次の仕事探しは仕事を辞めた後ゆっくり時間をかけたほうがいいと思っている人もいるかもしれません。ですが仕事を辞めるのなら、辞めてから次の仕事探しを始めるのはおすすめできません。

転職活動に時間がかかれば経済的な負担になり、焦って次の仕事を決めてしまうことも考えられます。また仕事を辞めてからの空白期間が長ければ、求人先の企業からも不利にみられる可能性もあります。

仕事辞めたいと感じたら、辞めると申し出る前に次の仕事に向けて活動を進めていきましょう。

ポイント2. 次の仕事探しはやることリストの作成から

「次の仕事探し」といっても意外とやることが多いのはご存知ですか?

やることリストを作ることで、現在の状況やあなたの意思・希望が整理できますので、次の仕事探しはやることリストの作成からはじめるのがおすすめです。

たとえば以下は次の仕事探しで準備したい内容です。

退職の意思・次の仕事への希望の確認

辞める意思を固めるために次の仕事探しからはじめるという方法はありますが、「本当に辞めていいの?」という状況で退職準備を進めると、やっぱり辞めたくないというような場合にトラブルに発展する可能性があります。

できれば仕事辞めたい理由・転職先に求めることなどをあなたなりに整理しておきましょう。

あなたの強み・適職探し

転職先に求めることがはっきりしてくると、どんな業界でどんなことをしたいのかが見えてきますよね。

「でも自分に向いているだろうか…」と不安になったら、あなたの強みを見直してみるのがいいかもしれません。あなたの強みを見直すことは、今後の転職活動を効果的に進めていく材料となりますので是非取り組んでみましょう。

あなた自身の強みがわからないという人はリクナビNEXTが無料で提供するグッドポイント診断を利用するのもおすすめです。

グッドポイント診断は簡単な質問に答えていくだけであなたの強みを客観的に分析してくれるというもので、診断結果は転職活動でのアピールポイントにもつながります。

リクナビNEXTのグッドポイント診断はこちらから↓

 

応募書類・面接準備

履歴書・職務経歴書などの応募書類の準備には時間がかかるもの。求人情報を漏れなく読んだり、企業調査を慎重に行ったりしながら個別に書類を作成します。

時間短縮のためにテンプレート化しようとする人もいるかもしれませんが、企業ごとに求められる人材だと判断されるよう、ひとつずつ丁寧に対応していくためにも、やることリストに入れてじっくり取り組んでみましょう。面接準備ではマナーの見直しにも取り組みたいですね。

退職・事務手続き準備

退職に必要な手続きについても就業規則などで確認が必要です。

スケジュール

転職活動は一般的には3~6か月程度かかるといわれています。次の仕事を急いで探すのか、ゆっくり時間をかけて探すのかによってもスケジュールは変わってきますが、あらかじめ計画をたてておかないと思わぬ事態に対応できず、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性もあります。

事前に次の仕事探しにかけられる期間・転職活動期間・退職時期などを算出しておきましょう。

ポイント3. 次の仕事選びのための下調べ

あなたが仕事に求めることがはっきりしたら、次の仕事を選ぶために調べておきたいことがはっきりしてきます。求人情報にはすべて目を通すべきですが、以下は特に注目したいポイントです。

次の仕事に求めることで、重要視すべき確認ポイント
  • 給料アップ :年収モデル
  • スキルアップ:資格取得制度・業務内容
  • キャリアアップ:キャリアアップ実績・モデル
  • 人間関係のいい環境:先輩の声・離職率
  • 残業・休日が少ない:待遇
  • 結婚後の仕事と家庭の両立:産休育休制度・取得実績

これらは求人情報から確認できることが多いですが、企業ホームページの確認や転職フェアなども利用して企業情報を収集しておきましょう。

ポイント4. 転職サイトを利用する

以下に3つ以上該当する人は仕事辞めたいと感じた時の次の仕事探しで、転職サイトを利用するのが向いています。

  • やりたいことが決まっている
  • 自分の強みがわかっている
  • 企業情報収集が苦ではない
  • 仕事をしながらの転職活動に時間がとれる

ポイント5. 転職フェアに参加する

以下のような人は転職フェアに参加して次の仕事探しをはじめるのが、仕事を辞める第一歩になる可能性があります。

  • 企業のリアルな雰囲気を知りたい
  • Webで確認できない質問をぶつけたい
  • 企業の採用担当に直接アピールしたい

特に、人間関係に悩んでいて企業の雰囲気を知りたい人や、女性の働きやすさなどのWeb上で確認できない情報を知りたい人におすすめの仕事探しの方法です。

ポイント6. 次の仕事選びを効率的にするなら転職エージェント

次の仕事探しでいろいろな手段のいいとこどりをしているのが転職エージェントを利用した転職方法です。

転職エージェントの利用がおすすめの理由を以下にいくつかあげてみます。

転職エージェントを利用するメリット
  • あなたの強み・適職を相談できる
  • あなたにあった企業探しを助けてくれる
  • 転職エージェントは企業のリアルを知っている(雰囲気・働きやすさなど)
  • あなたが直接企業に聞きづらい疑問にも答えてくれる
  • 独占求人などの大手求人をかかえている可能性がある
  • 時間がない人でも効率的に転職活動を行える

転職のプロと一緒に次の仕事探しに取り組めるのがいいですね。

仕事を紹介されたら必ず採用試験を受けなければならないわけではありませんので、まずは登録・相談してみて転職活動のアドバイスを受けるのもいいかもしれません。

転職エージェントのメリットばかりをお伝えしましたが、次の仕事探しで転職エージェントを使うデメリットについても紹介しておきます。

転職エージェントを利用するデメリット
  • キャリアアドバイザーとの相性があわないことがある

転職エージェントの利用では、担当のキャリアアドバイザーがついて次の仕事を紹介してくれることがほとんどです。

複数転職エージェントに登録したり、両面型(※)の転職エージェントを利用したりするなどして対策することも可能です。(※)両面型転職エージェントとは、企業と直接やりとりしているキャリアアドバイザーが求人紹介~転職支援を行ってくれるタイプの転職エージェントです。

企業ごとのキャリアアドバイザーからの求人紹介となりますので、複数人とやりとりすることとなり、キャリアアドバイザーとの相性があわないリスクを低くすることができます。

転職エージェントには扱っている求人情報に得意分野があります。

ハイクラス求人を強みとしている転職エージェントに、第二新卒で登録してしまった場合など、なかなか求人を紹介してもらえないという場合もあります。各転職エージェントの得意分野を知って、あなたにあった転職エージェントに登録することが必要です。

おすすめの転職エージェントは下記の記事でご紹介しています。

転職エージェントおすすめ比較ランキング【厳選30選】

「どの転職エージェントに登録すればいいのか分からない。」と悩んでいませんか? 転職エージェントは数多くありますが、それぞれ得意な業界・職種やサービスの質が大きく異なってきますので、各社のサービス内容や ...

仕事辞めたいと感じたら、次の仕事探しを計画的に行い、理想の転職を叶えたいですね。

あなたにおすすめの人気記事

1
転職エージェントおすすめ比較ランキング【厳選30選】

「どの転職エージェントに登録すればいいのか分からない。」と悩んでいませんか? 転職エージェントは数多くありますが、それぞれ得意な業界・職種やサービスの質が大きく異なってきますので、各社のサービス内容や ...

2
20代が使うべきおすすめの転職エージェントを比較ランキング

・「20代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?」 ・「転職をして"キャリアップ"と"年収アップ"はできるの?」 ・「本当に転職できるの?」 あなたはこういったことで ...

3
30代が使うべきおすすめの転職エージェントを比較ランキング

「30代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?さらにキャリアップと年収アップもできるの?」と不安に思っていませんか。 30代の転職ではポテンシャル採用よりも、あなたの ...

4
女性向け転職エージェント徹底比較|おすすめランキング

「女性のキャリア・結婚・出産・育児を考えてくれている、女性特化の転職エージェントはないの?」と悩んでいませんか。 結婚・出産後も働き続けたいという女性が増えてきているとともに、女性を積極的に採用したい ...

-仕事辞めたい

Copyright© Career Change , 2018 AllRights Reserved.