転職エージェントを活用して、転職を成功させよう。

Career Change

転職重要知識

転職エージェントの登録面談を成功させるための5つのポイント

投稿日:

転職エージェントをうまく活用して転職を効率的に進めていきたいですよね?

ここでは、転職エージェントの登録面談を成功させるためのポイントを解説にしています。ぜひ参考して転職を成功させましょう。

転職エージェント登録面談当日の流れ

転職エージェントに登録をしたら、どのエージェントでもたいてい面談を一度行います。

転職エージェントが多忙な場合には電話面談で終わってしまうケースもありますが、転職が初めてである人ほど、できれば直接会っての面談をするようにしましょう。

自分が伝えたいことを伝えきれずに転職に臨んでも、内定を勝ち取ることはできません。エージェントに直接会うことで有効なアドバイスを教えてもらうことができます。

エージェントは平日の仕事が忙しい人でも面談ができるように、平日は20時スタートの面談も可能ですし、土日に面談をしてくれるエージェントもたくさんあります。都合をつけて早めにエージェントへ相談に行くようにしましょう。

面談の候補日を求められるので、3つぐらい候補を伝え、セッティングしてもらいます。 面談の前には履歴書、職務経歴書の提出が必須です。前もってパソコンで制作したものを送っても良いですし、直接印刷したものを持参してもいいです。これがないと話になりませんから準備ができていない、ということだけは決して無いようにしましょう。

できればエージェントが事前に確認できるようにあらかじめ送っておくと良いです。その資料を元に当日面談が進むことになります。履歴書などがないと、再度提出したり、もう一度面談することもあります。互いに負担になるので、スムーズに一回で終わらせられるよう、万全の準備をしていきましょう。

転職エージェントの登録面談を成功させるための5つのポイント

①基本マナーをおろそかにしない

まず心がけたいのは、転職エージェントは志望企業の人間ではないからと行って、基本的なマナーを守ることを忘れてはいけない点です。

面談当日にやむを得ない事情で遅刻をする場合は必ず連絡をするのは常識ですし、面談当日ビジネススーツを着用せずに行くのも問題外です。

エージェントも求人条件にふさわしい人間を企業に推薦しないと、企業から「なんでこんな非常識な人間を推薦してきたんだ。」と思われてしまい、求人を出してくれた企業の心象を悪化させてしまいます。

そのようなことが無いように、社会人の常識として、当日の連絡、服装、言葉遣いなど基本的なことはしっかり守るようにしましょう。

②履歴書・職務経歴書を用意しておく

エージェントからは当日までに履歴書と職務経歴書の提出を求められることは、先ほど説明しました。

事前に提出をしていれば、エージェントがプリントアウトして持ってきてくれることも多いですが、念のため自分でも一部用意しておきましょう。履歴書、そして職務経歴書を元にそれまでの経験や培ってきたスキル、資格などを聞かれることになります。

ここでの回答の良し悪しが先の先行に直接影響をすることはないですが、エージェントが「この人ならばこのような会社に採用される可能性が高そうだな」と判断する基準になってきます。

また転職が初めての人は、書類の完成度が低く、相手に何を伝えたいのかまとまっていない、見づらくて企業の人間に読んでもらえないといったケースが良くあります。エージェントは多数の職務経歴書を見てきていますから、より良い書類にできるようにアドバイスを貰い、ブラッシュアップをしていきましょう。

③経歴やスキルに嘘をつかない

最もやっていけないのは、自分が経験していない仕事に就いていたことにする、持っていない資格を所有していることにするなど、虚偽の申告をすることです。

面接では採用側もプロですから、嘘はすぐにばれます。さらに嘘がバレるとエージェントからも不信を買います。

それ以降はもちろん仕事を紹介してもらえなくなりますし、仮に転職先に採用されても、嘘の経歴が明るみに出れば退職に追い込まれても文句は言えません。自分のためにも、虚偽の申告だけは絶対にやめましょう。

④転職する意思を明確に伝える

転職エージェントは無料で利用できる代わりに、転職が成功することで、利益を生み出しています。もし求職者の採用が決まっても、「やっぱり行きません」と言ってしまえば、それまでの苦労が全て水の泡になってしまうのです。

それだけに相手はあなたが本当に転職をする気があるのかどうかを非常に真剣に見極めています。

もし「情報収集のために来ました」と伝えてしまえば、相手も転職をする気がないものと判断し、情報を提供してくれなくなります。

転職エージェントの複数利用は当たり前なので「御社の紹介で必ず転職します」と前で言わなくてもいいですが、「御社の紹介で決まったら、必ず転職します」ということは伝えておきましょう。

⑤他のエージェントも複数利用していると伝える

転職エージェントは中小企業まで含めれば、その数は国内で数百を超えます。エージェントによって持っている求人案件も異なるので、複数のエージェントを利用するのは問題ありません。

重複して応募してしまう事態も発生するので、他社を利用していることを隠すほうが問題です。

どのエージェントを利用しているか、どの企業にすでに応募しているかも聞かれるので、隠さずに話しましょう。それで相手の心象が悪くなることはありません。

まとめ

転職エージェントの登録面談を成功させるための5つのポイントを解説させていただきました。

  1. 基本マナーをおろそかにしない
  2. 履歴書・職務経歴書を用意しておく
  3. 経歴やスキルに嘘をつかない
  4. 転職する意思を明確に伝える
  5. 他のエージェントも複数利用していると伝える

①〜⑤の誰しもができる基本的なこと行うだけで、担当のキャリアアドバイザーから親身になってあなたをサポートしてもらえるようになります。

真剣に転職活動に取り組めば、あなたが理想としている企業へ最高の転職をすることができますよ。

あなたにおすすめの人気記事

1
転職エージェントおすすめ比較ランキング【2018年最新版】

「どの転職エージェントに登録すればいいのか分からない。」と悩んでいませんか? 転職エージェントは数多くありますが、それぞれ得意な業界・職種やサービスの質が大きく異なってきますので、各社のサービス内容や ...

2
20代が使うべきおすすめの転職エージェントを比較ランキング

・「20代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?」 ・「転職をして"キャリアップ"と"年収アップ"はできるの?」 ・「本当に転職できるの?」 あなたはこういったことで ...

3
30代に評判の転職エージェントおすすめTOP3

「30代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?さらにキャリアップと年収アップもできるの?」と不安に思っていませんか。 30代の転職ではポテンシャル採用よりも、あなたの ...

4
女性向け転職エージェント徹底比較|おすすめランキング

「女性のキャリア・結婚・出産・育児を考えてくれている、女性特化の転職エージェントはないの?」と悩んでいませんか。 結婚・出産後も働き続けたいという女性が増えてきているとともに、女性を積極的に採用したい ...

-転職重要知識

Copyright© Career Change , 2018 AllRights Reserved.