転職重要知識

転職をするベストなタイミングとは?

投稿日:

転職 タイミング

ビジネスマンが転職を考えて、実際に転職をするベストタイミングは人によって様々です。原則としてビジネスマンは一つの会社でしか働くことができません。

したがって、転職をする前には、現在の会社と希望する転職先で予想される自分のキャリアについて、転職後の待遇、キャリアの将来性及びサラリーマンとしての生きがい等を注意深く比較する必要があります。

ここでは転職を考えるタイミング別に、ベストなタイミングで転職するためのヒントや留意点をまとめていますので是非参考にしてみてください。

転職をするベストなタイミングとは?

20代でさらにキャリアアップ・年収アップしたいと考えているとき

入社して3年たったころに、社内を見回し自分の3歳年上の先輩で尊敬できる先輩がいないかどうかを判断しましょう。入社して3年目で3歳年上の先輩といえば、20代後半くらいでしょう。

入社した会社が、20代後半をビジネスマンとしてどのように鍛えるかを判断するには、ちょっと年上の先輩達を見るのが最もわかりやすいです。

同窓生との交流を通じて、不安になったりすることはありませんか。職場からチャンスをもらって官公庁や大手金融機関に出向する同窓生もいれば、資格試験に合格して専門職に就いている同窓生もいるでしょう。

彼らとの交流を通じて、直感的に思ったことに素直に従うのは悪い選択ではありません。つまり、憧れに近い感情に触れたわけで、心地いいと感じる方向へ一歩を踏み出せるチャンスです。

同窓生との交流を通じて刺激を受けた後で、もう一度、社内を見回してみましょう。20代後半で大きな仕事を任されている先輩がいなければ、転職を考えてみましょう。

また、同期の社員と交流をしているときに、退屈に感じたり、残念な気持ちになったりする職場であれば、それこそ真剣に転職を考えるべきでしょう。

20代で新しい職種・業種に挑戦をしたいと考えているとき

20代での方向転換する人は決して少なくありません。

また、若さ溢れる20代のエネルギーはとても貴重で、あなたが本能的に合わないと思った仕事をやり続けるには、あまりにも勿体ないことです。思い立ったが吉日です。真剣に、方向転換を考えましょう。

当然ですが、方向転換する先には同い年あるいは年下の先輩方がいるはずです。学校では同級生や後輩だった人たちに、素直に教えを受けることができるほど好きな職業かどうかを自問してみましょう。

大きな会社にいる場合は、本能的に合わないと感じているのはその職場だけかもしれません。言い換えれば、海外赴任等になれば自動的に期待される役割が大きく変わるわけで、あなたの期待する大きな変化が得られるかもしれません。

足元のチャンスに気づいていないのは勿体ないので、会社の諸先輩方に聞いていみるのも大切なことです。

同級生や年下の職場の先輩にも素直に教えを乞えるし、現在の職場では到底辿り着けない職場への転職であれば、不退転の覚悟で転職活動をすることをお勧めします。少しでも未練があれば、新しい職場や職種での成功は難しいでしょう。

第二新卒で転職需要が高いとき

厚生労働省の統計によれば、大学卒業の新卒社員の3年以内の離職率は30%を上回り、この傾向は20年前から一貫した傾向です。端的にいうと、第二新卒は転職市場の中でも安定的に存在しているといえます。

新人社員とは違いサラリーマンという社会人としての生活リズムは身についているのが第二新卒であり、転職した会社の組織への順応力が高いと考えてられてもいます。

加えて、少子高齢化が進む日本では一定の基準を満たす新卒社員の採用がそもそも難しくなってきているため、第二新卒の採用の段階で必要な人数を充足させる企業も現れ始めました。

第二新卒として採用された職場では、新卒社員と異なり、失敗を情熱でカバーできることも少なくなります。

最初の数か月は順応するまでの猶予期間かもしれませんが、20代後半ともなれば中堅社員の入口ですので、即戦力と評価されるようにしたいものです。

第二新卒の対象になるのであれば、新入社員と異なり、自分自身の得意不得意も承知しているはずです。転職先ではそれなりの期待を背負って採用されるわけですので、できる限り、ご自身の得意なことであったり、厳しい環境で働いても苦痛にならない仕事を選びましょう。

30代で経歴やスキル・マネジメント力が身についたとき

社会人として順調にキャリアを重ねた30代は、規模の違いはありますが、ある程度の集団のリーダーを務めた経験があるはずです。

予測不可能な突発的な事故の処理も経験した方もいるかもしれません。また、海外に駐在し海外拠点で経営陣の一人として経験を積んだ人もいるでしょう。

自覚をしていないかもしれませんが、30代で経験を積んだビジネスマンは、転職市場で高い評価を受ける人材です。

プロ野球と簡単に比較することはできませんが、レギュラーとして試合に出られる選手は年棒を伸ばすチャンスがありますが、ベンチに座っている時間が長い選手は年棒を伸ばすチャンスが限られます。

同様に、ビジネスマンの世界でも、現在の職場でチャンスが限られるのであれば、チャンスを与えられる職場に転職するのも一つの方法です。

転職にはタイミングが重要です。自社に不足している能力を持つ人材には市場よりも高い評価が与えられることもあります。

30代で仕事に自信が持てるビジネスマンであれば、プロ野球選手と同じように、時間を掛けても高い評価を与えられる職場へ転職をしたいものです。

ボーナスが支給されたとき

転職先から内定を受けた後に現在の職場から支給されるボーナスを受け取り転職するのは、よくある転職のタイミングです。確実にボーナスを受け取る権利を確保しつつ、できるだけ早く転職先へ転職することが転職希望者が望むことです。

では、確実にボーナスを受け取るために、すべきことはどのようなことでしょうか。

一つは、社内のルールを正しく理解をすること、加えて、退職の意思表示をするタイミングを誤らないことです。

多くの会社には就業規則や退職給与規定等の社内ルールが文書化されています。

社内ルールには、「退職する場合は退職日の一か月前に意思表示しなければならない」、「賞与は年二回支給し、6月10日と12月10日を支給日とする」、「賞与は支給日に在籍していない従業員には支給しない」、及び「12月10日に支給する賞与は、5月1日から10月31日までの6ヶ月間における所属部門の業績と従業員個人の業績を勘案して支給する」等のルールが記述されています。

社内ルールを知っていれば、自ずと退職の意思表示をすべきタイミングが決まってきます。現在の職場から転職された先輩に相談に乗ってもらうのも一つの方法です。

転職のタイミングは人それぞれ

いかがでしたでしょうか。

転職をするタイミングはたくさんあり、ベストなタイミングは人それぞれとなります。

とはいえベストな転職をタイミングを見分けるのは難しく、普段の仕事が忙しく転職活動する時間がない人が多いのではないでしょうか。

そんな時には、まずプロの転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職エージェントでは、キャリア相談・希望する転職の方向性・希望の年収をヒアリングしながら、最適な求人を紹介してくれます。

さらに書類対策、面接対策、企業との面接日程調整・入社条件交渉といった転職活動の業務を全て無料でサポートしてくれますので、転職エージェントを使わない手はありません。

転職するかどうか悩んでいる」といった転職検討段階の方から、「今すぐに転職をしたい」といった方まで利用することが可能です。

おすすめの転職エージェントはDODAです。

DODA

 

DODAは、転職満足度No.1で国内大手の転職エージェントです。紹介してくれる求人数や非公開求人数が多いのが特徴です。キャリアアドバイザーの評判も高く、キャリア相談を通じて希望の条件や年収に合った最適な求人を紹介してもらえます。

面談拠点は、東京(丸の内・浅草橋)・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪(大阪)・京都(京都)・広島(広島)・福岡(福岡)・北海道(札幌)・宮城(仙台)となりますので、是非一度キャリア面談を通じて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

おすすめの人気記事

1

「どの転職エージェントに登録すればいいのか分からない。」と悩んでいませんか? 転職エージェントは数多くありますが、それぞれ得意な業界・職種やサービスの質が大きく異なってきますので、各社のサービス内容や ...

2

このようなことで悩んではいませんか? 「20代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?」 「転職をして"キャリアップ"と"年収アップ"はできるの?」 「本当に転職できる ...

3

このようなことで悩んではいませんか? 30代は、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの? さらにキャリアップと年収アップもできるの? 30代の転職ではポテンシャル採用よりも、あなたの今までの経 ...

4

「女性のキャリア・結婚・出産・育児を考えてくれている、女性特化の転職エージェントはないの?」と悩んでいませんか。 結婚・出産後も働き続けたいという女性が増えてきているとともに、女性を積極的に採用したい ...

-転職重要知識

Copyright© Career Change , 2018 All Rights Reserved.