転職エージェントおすすめランキング

Webマーケティング転職エージェント【おすすめ3選】評判が良いのは?

更新日:

Webマーケティング

このようなことで悩んではいませんか?

  • Webマーケティングの知識を活かして転職したい。
  • Webマーケティング職として、大手有名企業やグローバル企業に挑戦したい。

転職したいと考えている今が、あなたのやる気やモチベーション的にも今すぐ転職に動いたほうが良いベストなタイミングと言えます。

この記事では、Webマーケティングへの転職はどのようにすすめていけばいいのか悩んでいるあなたに、Webマーケティングに転職する方法とオススメの転職エージェントについてご紹介していきます。

すぐわかる!Webマーケティングにおすすめの転職エージェント

【1位】ワークポート《20代におすすめNo.1》

【2位】DODA《転職が初めての方におすすめ》

【3位】マイナビエージェント《親身な転職サポート》

Webマーケティングの仕事内容

世界中のあらゆるシーンで使われるインターネットのサービス。

メールやSNSといったコミュニケーションツールから、企業が運用する業務システム、動画や音楽などの配信、家事や趣味に便利な情報サイトなど、今や私たちの生活はインターネットによって支えられているといっても過言ではありません。

そうしたインターネットを介して提供されるシステム全般をWeb(World Wide Webの略)といいますが、国内の市場規模が10兆円を超えたWebの世界で活躍する職種に「Webマーケティング担当者」があります。

Webマーケッター、Web担当者などとも呼ばれるこの職種は、その名の通りWeb上でのマーケティングを担当します。

現在の社会において、自社や顧客企業が売上を伸ばすためにはWebの力が欠かせません。

ホームページを開設してアクセスを増やすのか、ネットショップを立ち上げるのか、顧客に有益な情報をメルマガやブログなどで配信するのか、Webによるマーケティング手法は多岐に渡ります。

ニーズに合った戦略と手法を用いて実行に移し、望む結果を創り上げるのがWebマーケティング担当者の仕事内容です。

Webマーケティングのやりがい

インターネットが重要性を高める中、多くの企業は自社のホームページやブログ、SNSといったサービスを開設・運営しています。

しかし社内でWebマーケティングに精通した社員がいない場合、運営しているサイトやブログによる売上、集客効果が見えづらく、またWebによる営業戦略の構築が難しくなります。

国内のWebマーケティングが活発化してきたのは2000年頃から。

急激な進化を遂げる領域においてWebによる集客や売上効果は認めているものの、それを伸ばすメカニズムや方法論を持たない企業も多く存在します。ここにWebマーケティング担当のやりがいが見いだせます。

自社、または顧客企業がWebマーケティングによってどのような効果を期待しているのか。

商品特性や価格帯、リーチしたい客層など条件は様々です。それらを組み合わせて適切なマーケティング手法を割り出し、提案していく工程には独自の面白さややりがいを感じ取れるでしょう。

実際にマーケティング効果が認められ評価へとつながった瞬間はこの職種を選んでよかったと思えるはずです。

Webマーケティングに必要な能力・スキル

現代のWebマーケティングには非常に多くの手法がありますが、マーケティング担当がそれらに精通していなければ効果的な計画も提案もできません。

必要な能力としては、まずWebマーケティング手法への深い知識ということになります。

Webマーケティングで最初に登場したのはリンクバナー広告です。それからWebの検索エンジンが生まれると、SEOやリスティング広告といったマーケティング手法が新たに登場していきました。

2000年代に入りブログやメルマガ、SNSが広まると同時にこれらを利用したマーケティング手法が注目を集め、さらにはDSPやDMP、2010年代になってコンテンツマーケティングが主流になっていったという経緯があります。

時代によってトレンドの手法は移り変わってきましたが、ここに挙げたものに限っても今なお広く活用されています。

また、Webマーケティングの手法はさらなる進化を続けています。

新しい広告技術やトレンドへの探求心、広告効果を図るための分析力も大切な能力です。他にも企画提案能力、マーケッターとしての強い責任感も必要とされるスキルとなっています。

Webマーケティングの年収・給料

インターネットにおける広告費は、2016年の調査でも前年比110%を上回る成長を見せています。広告費は1兆3000億円を超え、Webを利用したマーケティングが右肩上がりとなっていることが伺えます。

そのWebマーケティング領域で中心的な役割を担うマーケッターが手にする収入も、他の職種と比べて高い水準となっているようです。

Webマーケッターは新卒者でも年収300~500万円が相場。転職者も多い中堅で400~700万円と、この時点でIT業界以外も含めた全体の平均年収を上回るケースも珍しくありません。

役職者となるとリーダー職で500~800万円、マネージャー職では600~1000万円の大台に乗る方も。全体の需要が好調に推移していることが収入につながっているようです。

また、それぞれの立場で収入に幅があるのは就業先の業種によるものと、企業の体力面によるものです。総体的に見ると、勤める会社がIT業界ではなく自社のWebマーケティングだけに注力する職種は収入が少なめ、ITコンサルのような顧客企業を複数もつサービス業界では高めの傾向があります。

Webマーケティング転職市場・動向

Webマーケティングは全体的に成長を見せている領域です。その需要に合わせて求人数も近年で目立つようになってきました。IT業界の技術職以外では、コンサルタントとともにWebマーケティング担当の採用案件が着実に増加している模様です。

それに対し、転職者の応募数も増加傾向にあります。

在籍する会社のWEBマーケティングを担当していた方が、多くの企業に貢献したいと考えコンサルティングファームなどに応募するというケースを含め、転職希望者には一定の割合で実務経験者も含まれています。

ただし、Webマーケティングの手法が複雑かつ高度になるにつれ、マーケティング担当はWeb全般の知識も求められるようになりました。

つまり広告技術だけではなく、Webで提供できる様々なサービススキームに対応できる能力も評価の対象となってきているのです。そういった意味でWebデザイナーやエンジニアといった技術職から転身を図る方も見受けられます。

広告業で調査や分析を担当した方もWebマーケッターの転身候補です。現代人のライフスタイルや潜在ニーズを形に変えることができるスキルは転職先に好まれるでしょう。

Webマーケティングになるには

Webによるマーケティングも、それぞれの手法で根幹をなすのは視覚効果です。見る人の心を動かすような画像、印象に残る言葉を発信することで広告としての魅力や価値が決まるといっても過言ではありません。

Webマーケティング担当になるには、従来の企画力や提案力に加え優れたクリエイティブ能力を養う必要があります。

制作現場ではデザイナーやエンジニアに指示を出し、媒体のイメージを的確に伝える役割も担うことから、マーケティング担当にもクリエイティブな知識やスキルが問われています。

加えて、最近では動画によるプロモーションもWEBマーケティングの重要な位置を占めるようになりました。非常に早いスピードで進化するWeb広告の技術に対応できるよう、柔軟性や臨機応変さも高めることが大切です。

これまでのやり方に固執していてはアクセス数を稼ぐことができず、顧客の満足を得ることが難しくなるでしょう。

バナーを貼っていればクリックされた20年前とは異なり、Webマーケティングの多様な手法が確立されるに伴ってマーケティング担当にも多彩な能力が求められています。

Webマーケティング転職エージェント【おすすめ3選】

Webマーケティング職の転職を最大限効率的にサポートしてくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントでは、以下の転職サポートを受けることができます。企業から紹介手数料をもらっているので、サービス利用料は完全無料となります。

  1. キャリア相談
  2. 履歴書・職務経歴書の添削
  3. 面接対策
  4. 求人紹介
  5. 給料・年収交渉
  6. 面接日程の調整、入社日の調整
  7. アフターサポート

第1位『ワークポート』IT業界のWebマーケティングは登録必須

ワークポート

各項目評価
総合評価 ★★★★★
求人数・質 ★★★★☆
提案力 ★★★★★
サポート力 ★★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 全国

ワークポートの特徴

IT業界のWebマーケティングへの転職に強み

転職支援実績25万人の大手転職エージェント

親身で丁寧なサポートなので、初めて転職する方におすすめ

第2位『DODA』幅広い求人選択肢の中から選べる

DODA

各項目評価
総合評価 ★★★★
求人数・質 ★★★★☆
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 全国

DODAの特徴

あらゆる世代20代から40代の転職まで対応

全国地方に面談拠点を構えている

業界トップクラスの求人の中から、希望のWebマーケティング求人をたくさん紹介してくれる

第3位『マイナビエージェント』20代・第二新卒Webマーケティングにおすすめ

マイナビエージェント

各項目評価
総合評価 ★★★★
求人数・質 ★★★★☆
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★
年代別評価
20代
30代
40代 ×
対応地域 全国

マイナビエージェントの特徴

20代・第二新卒Webマーケティングにおすすめ

大手マイナビが運営する転職エージェント

業界専門のキャリアアドバイザーが徹底的にサポート

まとめ

Webの存在により、今や一般人が世界中に情報を発信することが可能な時代となりました。中にはWebマーケティングを本業にしていない方でも、目を引くようなコピーライティングや動画の制作を行っています。

Webマーケティングの進化に合わせて、人々のWebマーケティングに対する視点もレベルが上がっています。マーケティング担当として評価を得られる存在となるには、そういった状況から一線を画すような制作チームを率いて顧客に訴求するアンテナの高さが求められています。

Webマーケティング担当は高度で難しい仕事ではあります。しかし業界は右肩上がりの成長を続けており、挑戦し甲斐のある職種ともいえるでしょう。

おすすめの人気記事

1

「どの転職エージェントに登録すればいいのか分からない。」と悩んでいませんか? 転職エージェントは数多くありますが、それぞれ得意な業界・職種やサービスの質が大きく異なってきますので、各社のサービス内容や ...

2

このようなことで悩んではいませんか? 「20代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?」 「転職をして"キャリアップ"と"年収アップ"はできるの?」 「本当に転職できる ...

3

このようなことで悩んではいませんか? 30代は、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの? さらにキャリアップと年収アップもできるの? 30代の転職ではポテンシャル採用よりも、あなたの今までの経 ...

4

「女性のキャリア・結婚・出産・育児を考えてくれている、女性特化の転職エージェントはないの?」と悩んでいませんか。 結婚・出産後も働き続けたいという女性が増えてきているとともに、女性を積極的に採用したい ...

-転職エージェントおすすめランキング

Copyright© Career Change , 2018 All Rights Reserved.