仕事辞めたい

「仕事辞めたい」が言えない...。どうすればいいのか

更新日:

仕事辞めたい 言えない

社会人になって働いていれば、良いこともありますが嫌なこともたくさんあります。

辛いことが重なったら「もう仕事辞めたい…」と思ってしまうのは自然なことです。

また一度「退職しよう!」と心に決めても、あれこれと考えてしまい、なかなか「仕事辞めます」と言い出せない方も少なくないのではないでしょうか。

ここでは、なかなか退職を言い出せない理由から退職したほうが良いケース、その際に退職の意志をスムーズに伝えるための4つのステップについて解説します。

「仕事辞めたい…」となかなか言えない理由

長時間労働や人間関係など、働いていてつらいことばかりだと、仕事を辞めたくなりますよね。

でも「仕事辞めます!」とはなかなか言い出せないもの。それはなぜでしょうか。

変化が怖くて言えない

人は変化を嫌う生き物です。現状に不満があったとしても、「転職したとしても、今のような給料や待遇が得られるとは限らない。それなら我慢してしまったほうがいいのではないか」と不安になり、具体的な行動をせずそのままになってしまう…というのはよくあることです。

どの職場であっても何かしら問題はあるものです。

「これぐらいはしょうがない」と呑める範囲ならいいのですが、そうして我慢していると、徐々に退職のタイミングを失ってしまうこともあります。

家族に心配をかけたくなくて言えない

また家族への負担や心配をかけることを考えると、とても言い出せないという方も多いのではないのでしょうか。

退職するとそれまでもらえていた給料はもらえなくなりますし、生活に支障が出てくることもあります。

「そんな負担を家族にかけるぐらいなら、今の仕事を我慢して続けたほうがまし」と思うのも自然なことかもしれません。

辞めた後どうするか決まっていないので言えない

「仕事を辞めたい」と思っても、仕事を辞めたらどうするのかが決まっていないと、とても「仕事を辞めたい」とは言い出せないものです。

その後の生活はどうするのか、家庭を持たれている方は子供の教育費はどうするのかなど考えると、どうしても退職は現実的に思えなくなってきてしまうかもしれません。

仕事を辞めた後は、転職や起業など様々なルートがありますが、今の仕事が大変だとそうした今後を考えることさえ厳しいという方も多いはず。

「今の仕事は大変だけど、まだ慣れているし…」と退職を踏みとどまってしまう方も多いようです。

こんな時は退職を前向きに考えよう

それぞれ様々な理由があるものの、場合によっては退職を前向きに考えたほうが良いこともあります。

特に以下のような時には、我慢せず真剣に退職を考えるようにしましょう。

心身に不調がある

仕事が忙しいと、徐々に心身に影響が出てくることがあります。

沈んだ気持ちが続く、食欲が出ない、腹痛がするといった症状が現れたら、それは身体からの限界のサインです。

どれも「眠れば治る」「薬を飲めば大丈夫」と軽視しがちですが、軽い不調でも慢性的に続くようであれば大きな病気につながる恐れがあります。

その症状が仕事からくるものであると確信があるのなら、迷うことはありません。退職を検討しましょう。

人間関係が苦痛

上司からのパワハラがつらい…」「同僚とうまくいかない」などの悩みがあると、本来の職務にも大きな影響を及ぼします。

人間関係の問題はとても複雑なもの。時には八方ふさがりに感じてしまうことも多いのではないのでしょうか。

職場のカウンセラーに相談するなど様々な手段を取ったとしても改善が見られなかった場合は、退職を前向きに考えるようにしましょう。

「自分のせいなのでは…」と考えてしまうこともあるかもしれませんが、大切なのは自分の身を守ること。耐えられないと思ったら、退職も一つの手段ですよ。

やりたい仕事がある

今の仕事よりもキャリアアップしたいと考えている場合も、退職を考えるかもしれません。

最近はフリーランスになったり、会社を創業するハードルも下がったりしてきたこともあって、チャレンジしたいという方も多いようです。

人生は一度きり。準備は大変ですが、ぜひ挑戦してみることをおすすめします。

「仕事を辞めたい」と言いやすくなる4つのステップ

「退職する!」と決めたとしても、なかなか「辞めます」とは言い出しにくいものですよね。そんな時にはこの4つのステップを行ってみましょう。

①仕事を辞めたい理由をよく考えてみる

そもそもどうして仕事を辞めたいのかよく考えてみましょう。仕事を辞めたい理由があいまいであれば曖昧であるほど、人にうまく説明できず、言い出せないものです。

どうして仕事を辞めたいと思ったのか、それに対してどんな対応を取り、結果として仕事を辞めたほうがプラスであると考えるようになったのか、時間を取ってゆっくり考えてみましょう。

自分の気持ちを整理することができれば、相手にも伝えやすくなるものです。

仕事を辞めた後のビジョンを考える

次に仕事を辞めた後について考えてみましょう。

転職を考えている場合は、転職エージェントに登録したり求人情報をチェックするなどしてみましょう。

また起業を考えている場合は、事業内容を具体的に考え、副業としておためしで始めてみるのもおすすめです。

仕事を辞めた後の具体的なビジョンがつかめるようになれば、キャリアを考える上で自信を持つこともできますし、退職も言い出しやすくなるのではないでしょうか。

③家族に相談する

仕事を辞めるときに大切なのは、家族の説得です。仕事を辞めるとなると、家族は生活費や教育費などどうしても不安になるものです。

家族には「どうして仕事を辞めたいのか」「今後どうするつもりなのか」を具体的に説明するようにしましょう。

貯金や退職金から当面の生活費をシュミレーションし、その結果を説明しておくことも大切ですよ。

④退職のタイミングを見計らう

家族への説得がうまくいったら、あとは会社に伝えるのみです。

そもそも法律上、退職届を出した場合その後2週間で退職できるようになっています。

もし規約があれば1カ月等ということもありますが、退職の意志を示した場合職場に引き留める法的根拠はありません。

とはいっても職場とトラブルなく退職はしたいですよね。仕事が落ち着きいたころを見計らって退職の意志を伝え、引継ぎもしっかり済ませるようにしましょう。

まとめ

「仕事辞めます」とはなかなか言い出せないものですが、自分の気持ちを整理し、その後をしっかり考えれば言い出しやすくなるものです。

いきなり退職するのではなく、「どうして自分は仕事を辞めたいのか」など現状を振り返ることから始めましょう。

仕事辞めたい方」におすすめの転職エージェントを年代別にこちらの記事でご紹介しています↓

人気記事20代が使うべきおすすめの転職エージェントを比較ランキング

人気記事30代に評判の転職エージェントおすすめTOP3

おすすめの人気記事

1

「どの転職エージェントに登録すればいいのか分からない。」と悩んでいませんか? 転職エージェントは数多くありますが、それぞれ得意な業界・職種やサービスの質が大きく異なってきますので、各社のサービス内容や ...

2

このようなことで悩んではいませんか? 「20代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?」 「転職をして"キャリアップ"と"年収アップ"はできるの?」 「本当に転職できる ...

3

このようなことで悩んではいませんか? 30代は、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの? キャリアップと年収アップの転職はできるの? 転職したいけど、具体的にどう動いていけばいいの? 30代の ...

4

「女性のキャリア・結婚・出産・育児を考えてくれている、女性特化の転職エージェントはないの?」と悩んでいませんか。 結婚・出産後も働き続けたいという女性が増えてきているとともに、女性を積極的に採用したい ...

-仕事辞めたい

Copyright© Career Change , 2018 All Rights Reserved.