ケース別|転職

転職活動は在職中・退職後どちらがおすすめ?

投稿日:

転職活動 在職中

忙しい在職中の転職活動、「退職後にじっくり取り組んだ方がいいのでは?」とどうすべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

在職中・退職後の転職活動にはそれぞれメリット・デメリットがあります。どのタイミングで転職活動をすべきか、まずは計画を立てていきたいですよね。

ここでは転職活動タイミングとして、在職中・退職後のどちらを選択するのがおすすめかについて解説していきます。

在職中の転職活動のメリット・デメリット

まずは在職中の転職活動のメリット・デメリットについてみていきましょう。

在職中の転職活動のメリット

  • 退職期間を最小限にすることができる

転職活動で気になることのひとつに退職期間があげられます。

転職タイミングで悩んでいる人は、「辞めてしまってからすぐに転職先が見つかるだろうか」という悩みを抱えたことがあるのではないでしょうか。

在職中の転職活動であれば、スケジュールさえきちんとしておけば退職期間を最小限にすることができますね。

  • 採用担当者へのアピールにも!

在職中の転職活動では、採用担当者も「忙しい中転職活動に時間を割いている」ことを理解している場合が多く、その計画性や仕事に対する責任感、リスク管理能力などをアピールできる可能性が高いです。

在職中の転職活動のデメリット

  • 忙しくなかなか時間が取れない

在職中の転職活動を躊躇してしまう理由の多くが「忙しい」というものではないでしょうか。

転職活動で必要な必要書類(履歴書・職務経歴書)の作成には時間がかかりますし、面接日程を現職の都合と調整するのもなかなか時間がつくれず断念してしまうというケースもあります。

限られた時間の中で、大きな決断である転職活動を進めていくというのはとてもエネルギーが必要です。

退職後の転職活動のメリット・デメリット

次に退職後の転職活動のメリット・デメリットについて確認しましょう。

退職後の転職活動のメリット

  • 転職活動にじっくり取り組むことができる

多くの求人情報を検索・応募するのにも時間がかかります。退職後の転職活動では時間の確保がしやすいため、広く転職活動を行うことができますね。

  • 就業可能時期を求人企業に合わせられる

「いつから働けますか?」という質問に、「すぐにでも」と答えられやすいのが退職後の転職活動です。逆に退職後の転職活動ですぐに働けないという場合には、その理由をしっかりと考えておく必要があります。

退職後の転職活動のデメリット

  • 経済的負担が大きい

退職後の転職活動の一番のデメリットは経済面ではないでしょうか。

一般的には転職活動には36か月がかかるといわれており、その間仕事から離れている状態が続くと経済的負担が大きくなり、焦りもうまれて希望に沿わない転職に応じてしまうということも考えられます。

  • 長期化することで不利になることも

転職活動で必ず聞かれる転職理由ですが、退職期間が長くなることで「無計画に辞めたのでは」「すぐに辞めなければならないネガティブな転職理由だったのでは」など、不利にとられてしまうことも考えられます。

退職後の転職では、しっかりとした転職理由が重要になります。

また、なかなか転職先が決まらないという点でも不利になることが考えられます。

転職活動は在職中にしよう!

在職中・退職後の転職活動でのメリット・デメリットを確認してきましたが、総合的に見て在職中の転職活動をおすすめします。

在職中のデメリットであった「忙しい」状況の解決方法を以下にご紹介しますので確認してみましょう。

時間が取れないデメリットは転職エージェント利用でカバー

在職中の転職活動で、時間が取れない心配が大きいという人におすすめなのが転職エージェントの利用です。

転職エージェントでは多くのサポートが用意されていますが、時間がないという人に特におすすめしたいサポート内容と理由を解説していきます。

自己分析・求人検索

キャリアの棚卸や自分の強みの分析などは、転職において重要な準備のひとつですが、正解がないこともあり時間がかかってしまうこともありますよね。また、自分にあった求人検索には特に時間がかかります。

転職エージェントを利用すれば自己分析・求人検索のサポートをしてくれるので、転職活動期間の短縮につながります。

履歴書・職務経歴書添削・面接対策

応募企業にあった書類作成には、企業分析も含めて時間がかかりますよね。

転職エージェントでは応募企業の求めている人材について教えてくれるだけでなく、応募書類の添削も行ってくれるため、作業の時間短縮になるだけでなく、採用への近道となるという点で転職活動全体にかかる時間も短縮することができる可能性が高まります。

面接日程の調整

現職の仕事の都合で面接日程が限られてしまうという場合にも、転職エージェントがあなたの代わりに面接日程の調整を行ってくれます。

言い出しづらい日程変更を行う必要がないため精神的負担も軽減されます。

おすすめの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」

世の中には数100以上もの転職エージェントが存在しますが、転職成功実績・サポートの質・求人数・対応地域・利用者の評判を総合的に判断してオススメなのが「リクルートエージェント」と「DODA」です。

登録後は経験豊富なキャリアアドバイザーが担当になり、キャリア面談であなたの希望を考慮した最適な求人をご紹介、転職を成功に導いてくれます。

「リクルートエージェント」と「DODA」それぞれの特徴を見ていきましょう。

転職成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

公開求人 10,000件
非公開求人 100,000件
対応ジャンル 全職種・全業種に対応
年収アップ率 62.7%
対応地域 全国
雇用形態 正社員

リクルートエージェントは、転職成功実績No.1の大手総合転職エージェントです。各業界に精通したキャリアアドバイザーが、キャリア面談を通してあなたの転職の要望をお伺いして「これだ!」と思える最適な求人を紹介してくれます。

履歴書・職務経歴書の添削、応募企業ごとの面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートが充実しているので、「はじめて転職を考えている方」や「2回目の転職を考えている方」に特におすすめです。

いい転職が、未来を変えるDODA

DODA

公開求人 20,000件
非公開求人 80,000件
対応ジャンル 全職種・全業種に対応
年収アップ率 -
対応地域 全国
雇用形態 正社員

DODAは、年間18,000人以上の転職成功をサポートしている大手転職エージェントです。北海道から沖縄まで日本全国の求人をカバー、さらに海外の求人まで幅広くカバーしています。DODAのキャリアアドバイザーは、あなたの目的・ニーズに合わせて様々な求人を紹介してくれるのが特徴です。

「キャリアアドバイザーとの相性の良さ」「転職活動のノウハウが聞ける」「紹介される求人数」「経験を活かせる求人数」「求人紹介の頻度」の5つの項目で満足度No.1を獲得しています。

おすすめの人気記事

1

「どの転職エージェントに登録すればいいのか分からない。」と悩んでいませんか? 転職エージェントは数多くありますが、それぞれ得意な業界・職種やサービスの質が大きく異なってきますので、各社のサービス内容や ...

2

こんにちは、Career Change編集部です。 このようなことで悩んではいませんか? 「20代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?」 「転職をして"キャリアップ ...

3

このようなことで悩んではいませんか? 30代は、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの? キャリアップと年収アップの転職はできるの? 転職したいけど、具体的にどう動いていけばいいの? 30代の ...

4

「女性のキャリア・結婚・出産・育児を考えてくれている、女性特化の転職エージェントはないの?」と悩んでいませんか。 結婚・出産後も働き続けたいという女性が増えてきているとともに、女性を積極的に採用したい ...

-ケース別|転職

Copyright© Career Change|転職エージェントおすすめランキング , 2018 All Rights Reserved.