転職エージェント重要知識

転職回数が多くても大丈夫?

投稿日:

結論から言うと、転職回数が多くても大丈夫です

日本でも転職経験者は決して少数派ではありません。

最近の傾向として、企業が成長を続けるために経営者が多様な経験やキャリアを有する方を採用したいと考えていることと、さらに日本の少子高齢化の進展により新卒採用が難しくなったという理由もあります。

後悔しない転職をするためには、転職エージェントのサポートを得ることも大切なことです。

転職回数が多くても転職はできる

転職回数が多いと転職が難しいと決めつけていませんか?

転職回数が多くても転職をあきらめる必要はありません。想像している以上に転職をしている方は多く、複数の転職を経験している方も少なくありません。

理由の一つは、経営者が求める人材が多様化してきたことが影響しています。一般論ですが、少子高齢化の進展とともに日本の市場は成熟の度合いを強めていくと予想されます。

会社を成長させるためには、様々なバックグランドを有する人材を集めて、新規事業や新しい市場への進出を行わなければならなくなりました。つまり、転職回数が多くても現在まで実績を残している人材であれば、会社の成長に必要な人材として採用するようになっています。

転職希望者の視点でいえば、大学卒業後3年以内に3人にひとりは転職をしている時代です。

転職市場は想像以上に厚みがあり、様々なバックグランドを持つ方々が人事担当者が納得する前向きな転職理由が用意し転職に成功をしています。転職回数が多くても、転職をあきらめる必要は全くありません

転職を経験している人は多い

転職を経験している人は、想像よりもはるかに多いといえます。

厚生労働省が公表する統計の一つに、新規学卒者の離職状況があります。この統計は毎年公表されていて、20年以上前から3年でほぼ30%の新規学卒者が離職していることを示しています。

また、この統計は産業別にも新卒の離職率の統計を出していて、宿泊業・飲食サービスでは新卒の3年離職率は50%を超えています

言い換えれば、新卒で入社した社会人のほぼ3人に1人は3年以内に転職を経験していることになり、産業によってはその比率は2人に1人まで入社から3年で転職を経験していることになります。

石の上にも三年といいますが、統計だけをみれば、社歴が短くてもチャンスが到来したら躊躇なく転職している方が少なくないのかもしれません。

第二新卒に限りませんが、転職は運やタイミングといった不確定な要素に大いに影響をされるものです。チャンスが到来したら、思い切りよく転職の判断をできるように準備をしておきましょう

転職回数が多くても一貫性のある理由があれば不利ではない

人事担当者にとっては、転職回数よりも転職の理由の方が圧倒的に重要です。採用する企業の視点から見ると、転職理由の重要性が理解できるでしょう。

一般的には少子高齢化の進行で日本の労働人口は縮小傾向です。そんな中でも、企業の経営者は、日本国内で新規事業を立ち上げ、ニッチな市場での成長や海外での成長などの機会を探していて、それを実行できる行動力のある人材を求めています。

例えば、海外留学を経験して語学には自信がある人材であれば、海外での成長を目指す企業には必要な人材です。同様に、新規事業の立ち上げ経験を有していれば、立ち上げチームの人材を求めるでしょう。

転職希望者の視点から言えば、自分が持っている得意分野を生かせるフィールドを求めて転職活動を行えば、人事担当者も納得する一貫性のある転職理由を提示できるはずです。

キャリアに裏付けられた一貫した理由があれば、転職回数に関わらず転職活動を有利に進められるでしょう。

20代で2回目の転職は全く問題ない

20代で2回目の転職を経験していたとしても、明確な転職の理由を前向きに説明できれば、転職で不利に働くことはありません。

上述の通り、新規学卒者の約30%が3年以内に大学卒業後に初めて就職した会社を退職します。加えて、20年前より少子高齢化が進んでいるため、企業側としては優秀な人材を採用するのが難しくなってきました。

優秀な新卒の採用ができないため、第二新卒と呼ばれる20代後半の社会人を採用することで人員計画を充足するという会社も出てきました。

20代で転職を2回しなければならない明確な転職の理由とは何でしょうか。先ほど、経営者は新規事業の立ち上げ、ニッチな市場での会社の成長、または海外で事業を成長させられる人材を探しているとお知らせしました。

転職の理由は、転職先で自分が活躍できるイメージを明確に伝えられることが望まれます。

20代の転職希望者への需要は確実に存在し、経営者も企業を成長させるための人材を求めています。20代で2回目の転職でも自分が活躍できるイメージを明確に伝えることができれば、転職活動で不利に働くことはありません。

30代で3回目の転職は全く問題ない

新卒で入社して第二新卒で転職することは、いまでは決して珍しくありません。加えて、第二新卒で入社した会社からステップアップをした転職ができているのであれば、3回目の転職も視野に入ってきます。

順調にキャリアを積んで30代も中ごろになれば、海外赴任や社内の特別プロジェクトへの参加といった他社から見れば、眩しい経験を持っている人材であるものです。

さらに、サラリーマンとして10年以上働いてきた中で見えてきた得手不得手に関しても、ある程度は客観視できていると思います。

現在の職場で毎日楽しくキャリアを伸ばせている自覚があるのであれば、転職を考える暇もなく働くことに没頭できるでしょう。しかし、いつの間にか毎日続くルーティーンな仕事に退屈している自分がいて、より刺激的な仕事を欲しているのであれば、転職を考えてみるべきです

転職前には自己分析と仕事選びの条件を決めておく

転職はタイミングや運といった不確定な要素にも左右されるますが、転職して後悔しないためにも、自分の中で譲れない条件を事前に設定しておくことが大切です。

転職活動を始める前に、自己分析を通じて仕事選びの譲れない条件を明確にしておくと、友人知人に相談したり転職エージェントにコンタクトするときも、自分が望む転職を他人に理解させやすくなるはずです。

独身で身軽な方であれば、働き甲斐を給料などの待遇面より優先することを事前に伝えられるとしたら、友人知人から紹介があるかもしれませんし、仲のいい取引先から隠れた採用情報をいただけるかもしれません。

既婚者でお子さんもいるのであれば、働き甲斐や待遇面だけでなく、働くロケーション転勤の有無も考慮する必要があります。

後悔する転職をしないためにも、自己分析を通じて仕事選びで譲れない条件を事前に設定し、他者に伝えやすくしておきましょう。

転職回数が多い方は転職エージェントの利用がおすすめ

後悔しない転職を実現するために強調しておかなければならないことは、履歴書や職務経歴書といった数枚の文書で、今までの経験、培った得意分野、加えて、心地いいと感じる将来のキャリアパス等を表現しなければならない点です。

転職理由を人事担当者を納得させるには、周到な準備が必要です。しかし、日常の仕事が忙しく転職の準備がなかなか効率よく進んでいない方が非常に多いです

おすすめは、その道のプロである転職エージェントからサポートを受けて、優良求人の紹介、履歴書や職務経歴書、面接対策といった準備を手伝ってもらうです。

転職エージェントも得手不得手があり、人間ですので自分との相性もあります。最良の転職エージェントに出会うためには、たくさんの転職エージェントから、自分の強みを生かすことができて相性のいい転職エージェントに絞り込むことです。

特に転職回数が多い方であれば、転職回数を気にしない転職先を知っている転職エージェントと懇意にしておくことが大切です。

経験豊かな転職エージェントであれば取引先の企業数が豊富なため、転職回数の多さが不利に働かない会社で、希望に沿う会社を紹介してくれるでしょう。

転職支援実績国内トップクラス、紹介可能求人数が多く、質の高いキャリアアドバイザーがたくさん在籍していると評判が高くおすすめなのはDODAです。まずは無料キャリア相談をしてみましょう。

 

まとめ

転職回数が多くて転職をあきらめている方がいれば、それは大変勿体ないことです。

企業の成長戦略が変化したこと、加えて、少子高齢化にともなう採用の難易度が上昇しているため、転職回数が多くても必ずしも不利に働くことはありません。

人事担当者を納得させる前向きな理由を準備できれば、転職回数が多くても転職することは可能です

おすすめの人気記事

1

「どの転職エージェントに登録すればいいのか分からない。」と悩んでいませんか? 転職エージェントは数多くありますが、それぞれ得意な業界・職種やサービスの質が大きく異なってきますので、各社のサービス内容や ...

2

こんにちは、Career Change編集部です。 このようなことで悩んではいませんか? 「20代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?」 「転職をして"キャリアップ ...

3

このようなことで悩んではいませんか? 30代は、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの? キャリアップと年収アップの転職はできるの? 転職したいけど、具体的にどう動いていけばいいの? 30代の ...

4

「女性のキャリア・結婚・出産・育児を考えてくれている、女性特化の転職エージェントはないの?」と悩んでいませんか。 結婚・出産後も働き続けたいという女性が増えてきているとともに、女性を積極的に採用したい ...

-転職エージェント重要知識

Copyright© Career Change|転職エージェントおすすめランキング , 2018 All Rights Reserved.