おすすめ転職エージェント 転職エージェント

事務職におすすめ転職エージェントの選び方&活用方法

更新日:

事務職 転職エージェント

事務職として転職を考えているけど、どの転職エージェントが事務職の求人に強くておすすめなの?」と悩んでいませんか。

この記事では『転職career編集部』が事務職の求人に強い転職エージェントをご紹介しています。

転職エージェントは完全無料で利用できますので、転職する・しないに関わらずに、まずは今後のキャリア形成の相談も兼ねて転職エージェントへ気軽に相談してみましょう。

この記事でわかること

  • 事務職向け転職エージェントの選び方
  • 事務職におすすめの転職エージェント

事務職が転職エージェントを使うべき理由

事務職が転職エージェントを絶対に使うべき理由は3つあります。

  1. 事務職の転職でキャリアアップと年収アップを実現できる企業を紹介してくれる
  2. 転職活動で面倒な業務を全て代行してくれる
  3. 最短1ヶ月以内で、すぐに転職できる

簡単にまとめると、転職エージェントを利用すればあなたが希望のキャリアを実現できる企業をすぐに紹介してもらえて、余計な手間をかけずに効率的に転職ができるからです。

企業との面接スケジュール調整・応募書類の添削・年収交渉・入社日の調整などの面倒な転職業務を、あなたの要望通りに転職エージェントが無料で全てを代行してくれます。

早い方だと、1ヶ月以内にサクッと希望する企業へ転職を成功させています。

「希望の求人がなかなか見つからない...。」「普段忙しいので転職活動の時間がなかなか取れない...。」「なるべく早く転職したい...。」といった方に転職エージェントはおすすめです。

転職サイトよりも、転職エージェントを利用した方がスムーズに転職できます↓

転職エージェント 転職サイト
キャリアカウンセリング ×
求人紹介
応募書類の添削、面接対策 ×
面接日程調整 ×
年収・待遇交渉 ×

※転職活動の効率性を「◯」「×」で評価しています。

1ヶ月以内に転職したい」は転職career編集部が事務職への転職におすすめする転職エージェントの『パソナキャリア』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』全てに登録しましょう!

人気の高い優良求人はあっというまに募集枠が埋まってしまいますので、転職エージェントに相談してすぐに希望の求人を紹介してもらう環境を整えておくことをおすすめします。

転職エージェントに登録・キャリア相談したからといって必ず転職しなければいけない、というわけではありませんので気楽な気持ちでまずは登録してみてください。

事務職向け転職エージェントの選び方

事務職向け転職エージェントの選び方としては、

  1. 事務職の優良案件を多数保有している
  2. 事務職の転職支援実績が豊富
  3. 優秀なキャリアアドバイザーに担当してもらうために、2~3社の転職エージェントを利用する

の3つが重要です。

事務職の優良案件と転職支援実績が豊富で、事務職への転職において利用者から評判の高い転職エージェントの表を作成しましたので参考にしてみてください。

あなたが転職目的に合わせて転職エージェントを選びましょう。

事務職転職エージェント 特徴
パソナキャリア 事務職として転職がはじめての方におすすめ
マイナビエージェント 20代の事務職の方におすすめ
リクルートエージェント 事務職求人をたくさん紹介してもらえる
ワークポート 未経験から事務職へ転職可能
doda 大手・優良の事務職求人が多い
Spring転職エージェント 外資の事務職求人に強い

ココがポイント

各社で紹介してくれる求人とキャリアアドバイザーのサポート力は違ってくるので、最適な転職エージェントを選ぶためには1社だけに登録するのではなく、2~3社に登録するのがおすすめです。

事務職におすすめ転職エージェント

事務職として転職がはじめての方におすすめ『パソナキャリア』

事務職 パソナキャリア

【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

『パソナキャリア』は、人材紹介会社大手のパソナグループが運営している転職エージェントです。

事務職の求人も多く、親身な転職サポートを受けられるので初めて転職する方からの人気が絶大です。

求人数は業界トップクラス40,000件以上保有していて、大手から中小企業まで幅広い業種の求人を紹介してくれます。

事務職求人をたくさん紹介してもらえる『リクルートエージェント』

事務職 リクルートエージェント

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

『リクルートエージェント』は、転職成功実績No.1の転職エージェントです。

全国企業の事務職求人を豊富に取り扱っていて、利用者からの評判も高いので事務職への転職を考えている全員におすすめです。

運営会社は知名度抜群のリクルートなので、安心・信頼して利用することができます。

未経験から事務職へ転職可能『ワークポート』

事務職 ワークポート

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

『ワークポート』は、未経験の転職サポートに強い転職エージェントです。転職決定人数はNo.1と実績も抜群。

50万人が選んだ転職エージェントとして、16年の実績があるからあなたの転職サポートを任せて安心です。

転職サポート力が高く、未経験から事務職への転職を考えている方におすすめです。

若手の事務職の方におすすめ『マイナビエージェント』

事務職 マイナビエージェント

【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/

『マイナビエージェント』は、20代・第二新卒で事務職への転職を考えている方におすすめの転職エージェントです。

マイナビグループが運営しているので、大学時の就職活動としてマイナビ就職情報サイトを利用した方多いのではないでしょうか。

「事務未経験OK」や「業界未経験OK」の求人が多いのが特徴です。

大手・優良の事務職求人が多い『doda』

事務職 doda

【公式サイト】https://doda.jp/

『doda』は、転職満足度No.1、転職実績多数の転職エージェントです。

登録すると紹介してもらえる優良な非公開求人に強みを持ち、幅広い業種の事務職求人を取り揃えています。

希望の事務職求人をたくさん紹介してもらえた。」と口コミが多いです。

外資の事務職求人に強い『Spring転職エージェント』

事務職 Spring転職エージェント

【公式サイト】https://www.springjapan.com/

『Spring転職エージェント』は、外資系企業の求人に強みを持ち、事務系の求人も多数保有する転職エージェントです。レジュメ添削や面接指導を含めたサポート全般にも評判が良いのでおすすめできます。

転職エージェントの上手な活用方法

上手に賢く活用すればあなたの大きな力となってくれる転職エージェント。

ここでは「転職エージェント利用の流れ」と「転職エージェントの賢い使い方」を解説します。

転職エージェント利用の流れ

  1. 転職エージェントに登録する
  2. 転職エージェントとの面談
  3. 求人紹介
  4. 応募企業の選考
  5. 内定

step
1
転職エージェントに登録する

まず最初に転職エージェントを使うためにはweb上から登録をします。

キャリアアドバイザーによっては能力差もあるため、転職に成功している方は複数のエージェントに登録することが多いです。

登録した後は数日後にエージェントから電話もしくはメールで連絡が来て面談日程を調整します。面談場所は転職エージェント企業の会議室であることが多いです。

面談日程が決まりましたら、履歴書と職務経歴書の準備に取り掛かりましょう。

step
2
転職エージェントとの面談

履歴書と職務経歴書を元に面談を行いますので事前にメールで提出するか当日持参しましょう。

履歴書・職務経歴書を提出しないと、転職エージェントからあなたの転職意欲を疑われてしまいますのでくれぐれも忘れないようにしてください。

転職サイトから自分で応募している案件や、他の転職エージェントから応募している案件などの転職活動状況をエージェントと共有するようにしてください。共有することによりあなたに合わせて効率的な選考スケジュールを用意してくれます。

ココがポイント

「どのような仕事をしたいのか」「希望勤務地」「希望年収」の項目は必ず聞かれる内容ですので回答できるように準備しておいてください。

step
3
求人紹介

提出した書類や面談時の希望を元にキャリアアドバイザーはあなたに適した求人案件を紹介してくれます。

社風やオフィス環境、配属先の部署の雰囲気などの裏情報も提供してくれます。

ココがポイント

転職エージェントにはそのエージェントしか取り扱っていない非公開求人や独占求人があります。そのような求人は優良求人であることが多いため求人詳細を転職エージェントにヒアリングしましょう。

step
4
応募企業の選考

求人を紹介してもらい書類選考が通った後は面接に入ります。転職エージェントでは希望があれば面接対策をしてくれますので、面接に自信がない方は相談してみてください。

転職エージェントは転職のプロです。選考に通りやすい履歴書・職務経歴書を熟知しておりますので積極的にアドバイスしてもらいましょう。

企業との連絡や面接日程の調整は全て転職エージェントが代行してくれます。

面接後は受かっている場合も落ちている場合もエージェントからあなたへ連絡が届きます。その際には必ず面接のフィードバックをもらうようにしてください。

ココがポイント

面接後は必ず感想をエージェントに伝えましょう。今後の対策や効果的なアドバイスをしてくれるとともに転職意欲のアピールにつながります。

step
5
内定

内定おめでとうございます。

直接は言いづらい年収や条件面に関しては、あなたの希望に合わせて転職エージェントが代行してくれます。

内定において疑問点や不安なことがあれば転職エージェント経由で確認してもらいましょう。もし疑問点が複数あり心配な場合は、企業との面談を依頼することも可能です。

ココがポイント

応募企業との連絡、面談日程の調整はエージェントが行ってくれます。給料交渉や条件面の確認など聞きづらいこともエージェントが代行してくれますので、不安や疑問点が生じたら、転職エージェントにすべて相談しましょう。

転職エージェントの賢い使い方

転職希望者は転職エージェントのキャリアアドバイザーに転職支援サポートをしてもらう立場ですが、転職に成功している方々は転職エージェントに頼るというよりも「うまく使う」といったスタンスでいる方が多いです。

「うまく使う」とは指図をしたりするといった意味ではなく、転職するためのパートナーとして付き合いながら転職エージェントの強みを上手く活用するといった意味です。

そのためには転職エージェントがどのような考えで仕事しているのかということと、効率のいい転職エージェントの使い方を学んで担当のキャリアアドバイザーにやる気になってもらう必要があります。

転職エージェントからあなたに対する転職サポートをやる気になってもらう方法は以下です。

  • アポールできる経験やスキルを用意しておく
  • すぐに転職できる人材だと思わせる
  • 転職する意欲がある

まずは、あなたが優良企業に転職できるような経験やスキルを用意しておくことです。

「今まで〇〇の仕事をしてきて〇〇のスキルを持っています。」といったように、今までに経験してきた内容をストーリーで語れるようにしておきましょう。

また、転職エージェントに対してあなたが「企業から求められるような人材」「転職市場価値がすぐに転職できる人材」であるということをアピールするのも大切です。

志望先についても高望みをするとなかなか転職することが難しくなってしまいますので、現実的に転職できそうな企業を目標とすることも大切です。

3つ目の方法として、あなたに転職意欲があるかどうかということです。

「転職するかどうかまだわからない。」と言ってしまうと転職エージェントからのサポートは後回しとなってしまいます。

転職するかどうかまだ未定という方でも、面談では「自分に合う企業があれば転職をしたい。」といった転職意欲がある言い回しにしておきましょう。

転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントを利用する際の注意点をしっかり把握しておけば、転職成功確率が上がります。

転職エージェントを利用する際の注意点

  1. 初回面談前に自己分析をする
  2. すぐに転職したい意思を伝える
  3. 2週間に1回は定期的に連絡をする
  4. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない
  5. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  6. 転職エージェントの流れは把握しておく
  7. スカウト型にも登録しておく

1.初回面談前に自己分析をする

エージェントとの初回面談時には、担当者から優良求人を紹介してもらうためにもあなたの学歴・職歴・スキル・長所・短所を正確に伝える必要があります。

自分のことをわかっているつもりでも、自分の魅力を相手に伝えるのは以外と難しいので、必ず初回面談前に自己分析を行い、面談で伝える内容を頭の中で整理しておきましょう。

「どう自己分析すればいいのかわからない...」という方は、リクナビネクストが無料で提供している『グッドポイント診断』を試してみるのがおすすめです。あなたの強みを客観的に把握できるので、面談でスムーズに話せるようになります。

2.すぐに転職したい意思を伝える

転職エージェントの担当者から積極的に転職サポートしてもらうためには、「すぐに転職したい。」と意思表示するのが大切です。

担当者は一人で何十人の転職希望者を相手にしているので、まだ転職するかどうかわからないと曖昧な回答をしてしまうと、転職意欲がないと思われて転職サポートが他の人の後回しとなってしまいます。

「いつ転職をお考えですか?」と必ず質問されますので、「すぐに転職したい。」もしくは「良い求人があれば転職したい。」といった言い回しにしましょう。

3.2週間に1回は定期的に連絡をする

面談時に転職の意思を伝えた後は、担当コンサルタントがあなたの希望や適性を考慮した上で求人を提案してくれます。

応募したい求人があれば担当者に伝えて求人応募をしますが、中には微妙な求人も入っているので、あなたに会った求人を紹介してもらうためにも、求人条件の要望を定期的に伝えるようにしてください。

2週間に1回は定期的に連絡をしておけば、「この人は転職意欲があって転職できそうなので、積極的に求人紹介して転職サポートしよう。」と思われます。

4.同じ案件に複数のエージェントから応募しない

同じ案件に複数のエージェントから応募するのは絶対にNGです。

複数のエージェントから応募してしまうと企業から「〇〇さん、他のエージェントからも応募があります...」となってしまい、企業とエージェントから不信感を持たれてしまい最悪の場合サポートしてもらえなくなります。

5.推薦文は必ず自分の目で確認する

ほとんどの場合、担当コンサルタントが企業に応募する際に推薦文を書いてくれます。

優秀ではないコンサルタントだと経歴をそのまま書いて提出するパターンがあるため、「面談時に相違があるといけないので、求人応募する際の推薦文を確認させていただけますか?客観的に自分がどう見られているのかも知りたいです。」と伝えて推薦文は必ず自分の目で確認してください。

6.転職エージェントの流れは把握しておく

転職エージェントを上手に活用して転職に成功できるかどうかはあなた次第ですので、転職エージェントの流れをしっかりと把握しておきましょう。

転職エージェントの流れ

  1. 転職エージェントに登録する
  2. 担当コンサルタントと面談をする
  3. 求人を紹介してもらう
  4. 職務経歴書・面接のアドバイスをもらう
  5. 企業に応募・面接日程の調整をしてもらう
  6. 内定・入社のフォローをしてもらう

7.スカウト型にも登録しておく

応募可能な求人の幅を広げるために、スカウト型の転職支援サービス『ビズリーチ』にも登録しておきましょう。

ビズリーチにレジュメを登録しておけば、待っているだけであなたのことに興味を持ったエージェントや企業からスカウトをもらえます。提案してもらえる求人の精度が高く、クオリティの高い求人が多いのでおすすめです。

スカウトをもらえるかどうかで、あなたの客観的な転職市場価値もわかるので、今後の転職対策を練れます。

まとめ

事務職におすすめの転職エージェントをご紹介させていただきました。

全国の求人を網羅し、幅広い業種の事務職求人を取り揃えている『パソナキャリア』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』は転職活動をする上で外せない転職エージェントです。

転職に成功する人の多くは、2~3社の転職エージェントを併用しながら転職活動をしているので、まずは複数登録し相性の良い転職エージェントを見極めて転職を進めていきましょう。

最適な転職エージェントを選択し、あなたの希望のキャリアを実現できるのを応援しています。

転職career

おすすめ人気記事

1

20代におすすめの転職エージェントを知りたい。 転職をして"キャリアアップ"と"年収アップ"を実現したい。 スキルアップができて、自分の市場価値が高められる企業・職場に転職したい。 といったことで悩ん ...

2

30代の転職支援を得意としている転職エージェントを知りたい。 転職エージェントを利用して、キャリアアップ転職&年収アップ転職を実現したい。 理想の転職を実現するために、具体的にどう動いていけば ...

3

女性に評判がいいおすすめの転職エージェントを知りたい。 女性のキャリア・結婚・出産・育児を考えてくれている、女性向け転職エージェントを利用したい。 女性の気持ちに寄り添った転職サポートをしてほしい。 ...

4

営業職に強い転職エージェントを知りたい。 営業として転職して、新しい職場で働きたい。 今よりも年収を上げてキャリアアップしたい。 といったことで悩んでいませんか? 営業とは、「法人営業」「個人営業」「 ...

-おすすめ転職エージェント, 転職エージェント

Copyright© 転職career , 2019 All Rights Reserved.