転職エージェント重要知識

転職エージェント登録時に注意したい5つのポイント

投稿日:

転職エージェント登録時に注意しておきたいポイントを解説しています。

転職エージェントを上手く活用するためにも必ず確認しておきたい内容ですのでぜひ参考にしてみてください。

転職エージェント登録時に注意したい5つのポイント

①転職理由がはっきりしている

転職エージェントに登録する人の中でキャリアアドバイザーが一番困るのが転職理由がはっきりしていない場合です。

なぜ転職したいのか、どのような職業に就きたいのかがはっきりしている人は転職する意思が強いのでキャリアアドバイザーも採用に向けて計画を立てやすく紹介できる企業も多くなるのです。

しかし、転職理由がはっきりしてないと計画を立てにくく、どの企業を紹介すればよいのか難しくなってしまいます。

転職理由が明確な人は、必ずその理由をキャリアアドバイザーに伝えましょう。

②履歴書・職務経歴書を作成する

転職エージェントに登録する時に必要なのが履歴書と職務経歴書です。

転職エージェントに出す履歴書だからと手を抜いて書く人がいますが、これは大きな間違いです。転職エージェントのキャリアアドバイザーを本気にさせるためにも履歴書や職務経歴書はしっかりと書かなければなりません。

そこで大切なのが職務経歴書の書き方です。

履歴書は基本的なフォーマットが同じですし自己PRできる場所が少ないのですが、職務経歴書はPRできる場所がたくさんあります。

職務経歴書は通常古い職業から書くようになっていますが、「逆編年体式」と言って、今までの経歴を直近のものから逆に書いていく方法もあります。

直近の経歴をアピールしたい場合は、逆編年体式で書くと良いでしょうし、以前の経歴をアピールしたい場合は従来通り経歴の順番に書く「編年体式」で良いでしょう。

また、マネジメント経験や自分のスキルなどは必ず書き、どれくらい次の転職に対して意欲があるのかなども書いておきましょう。

職務経歴書は長すぎると見にくくなりますので、長くてもA4用紙2枚までに抑えましょう。

③転職後のビジョンがある

転職後のビジョンは企業側も重要視しています。

ただ単に、この職業に転職したいという内容ではなく、その職業や業種に転職した後、どのように成長していきたいのか、企業に対してどう貢献していけるのか、最終的にどのようになりたいのかなど、細かく明確に伝えましょう。

転職後のビジョンをしっかり持っている人は求人を多く紹介してもらいやすく、転職時期も早くなる傾向があります。

企業側としても、将来のビジョンをしっかり持った人を採用したいと考えていますので、何となくではなくしっかりとしたビジョンを伝えましょう。

これまでの経験でどのようなスキルが身についたのか、そのスキルをどう活かしていきたいのか、今後のスキルや能力をどのように伸ばして行きたいのかなどを段階的に伝えることでキャリアアドバイザーにも転職の意思が伝わります。

④あなたにあった転職エージェントに複数登録する

転職エージェントは、「あなたに合っている」「複数社登録する」という軸で登録しましょう。

あなたに合っているというのは、あなたがどのような職業に就きたいのかが分かっている場合、その職業に強い専門的なエージェントに登録しましょう。

大手転職エージェントの場合は手広く、色々な職業や職種を扱っていますが、中小規模の転職エージェントの場合は、強い職業があるなど専門的な職業に強いのが特徴です。

あなたの転職したい職業や業種が明確な場合は専門的なエージェントに登録し、まだはっきりと決まっていないという時は大手転職エージェントに登録しましょう。

そして複数社の転職エージェントに登録した方が良いというのは、転職エージェントによって持っている求人数も求人内容も違います。

1社登録したからと言って、必ず求人を紹介してもらえるとは限りません。もしかすると、あなたの条件に合う求人がその時にないかもしれません。

そのため、転職エージェントを利用する時は、必ず最低でも2社以上、できれば3~4社くらいには登録するようにしましょう。

3~4社くらい登録していれば転職スピードも速くなるでしょうし、今紹介できる求人がないと言われても慌てる必要はありません。

転職エージェントおすすめランキング|評判・口コミ徹底比較では、おすすめの大手転職エージェントと目的別で専門転職エージェントを紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

⑤キャリアアドバイザーにサポートしてもらえるよう上手くアピールする

転職エージェントに登録すると、あなたにキャリアアドバイザーがつきます。キャリアアドバイザーにきちんとサポートしてもらうことが転職への近道になります。

優良企業にいい条件で転職できるか、早く転職ができるかに関しては、キャリアアドバイザーにかかっていると言っても過言ではありません。

きちんとサポートしてもらえるように、自分自身をうまくアピールすることで優先的にサポートしてもらえるようになります。

キャリアアドバイザーも人間ですから、転職に有利な人材を企業に紹介しようとしますし、転職意欲の強い人を企業に押す傾向があります。

つまり、キャリアアドバイザーの中でも優先順位があるのです。

転職に対して積極的な人は、その思いをキャリアアドバイザーに伝えることで優先順位が上がりますので、しっかりアピールしてきちんとサポートしてもらえるようにしましょう。

おすすめの人気記事

1

「どの転職エージェントに登録すればいいのか分からない。」と悩んでいませんか? 転職エージェントは数多くありますが、それぞれ得意な業界・職種やサービスの質が大きく異なってきますので、各社のサービス内容や ...

2

こんにちは、Career Change編集部です。 このようなことで悩んではいませんか? 「20代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?」 「転職をして"キャリアップ ...

3

このようなことで悩んではいませんか? 30代は、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの? キャリアップと年収アップの転職はできるの? 転職したいけど、具体的にどう動いていけばいいの? 30代の ...

4

「女性のキャリア・結婚・出産・育児を考えてくれている、女性特化の転職エージェントはないの?」と悩んでいませんか。 結婚・出産後も働き続けたいという女性が増えてきているとともに、女性を積極的に採用したい ...

-転職エージェント重要知識

Copyright© Career Change|転職エージェントおすすめランキング , 2018 All Rights Reserved.