ケース別|転職

ルート営業への転職マニュアル

更新日:

ルート営業への転職

営業職の多くの人が悩んでいる「ノルマ」や「人間関係」。ルート営業や新規営業といった営業の種類によって、環境が違うことをご存知ですか?

ここでは新規営業や営業未経験から「ルート営業に転職したい方」に向けて、ルート営業の特徴や転職を成功に導く方法をご紹介していきます。

ルート営業の仕事内容

「ルート営業」とはどんな特徴があるのか、新規営業とどのように違うのかが気になりますよね。

新規営業が新規の顧客を開拓するのに対し、ルート営業は既存顧客に対する営業・フォローが主な業務となります。以下に具体例をあげてみます。

取引先を訪問

ひとりで受け持つ顧客数は企業によって様々で、1社を担当するという企業もあれば50社を担当するという企業例もあります。

状況や要望のヒアリング

取引内容により売上状況や在庫状況・他社商品の利用状況などを確認し、要望をヒアリングしていきます。提案につながる内容をその都度相談してもらえるよう、人間関係の構築が重要となりますね。

提案

要望にあったサービスや新商品の提案を行います。提案だけでなく商品やサービスの使い方や売り方など、相談されることも多い職種です。

事務作業

見積書などの書類を作成したり、メーカーなどと調整したりするのも業務のひとつです。

ルート営業の年収

「ノルマなし」という求人も目立つルート営業ですが、その平均年収は一般営業と比べると低くなっています。転職でのルート営業の年収確認では、以下のポイントに注意してみましょう。

残業代

採用情報に記載されている月収・年収には残業代〇時間含むというような注意書きがしてある場合があります。事前に確認しておきたいポイントのひとつですね。

年収モデル

長期的に顧客の信頼を得ながら仕事を進めるルート営業では、実績次第で年収アップを狙える可能性があります。

採用情報では実績別の年収モデルはなかなか確認できませんが、転職エージェントを利用すれば、リアルな企業情報をアドバイスしてもらうことも可能です。

年収アップ転職は将来的なことも視野に入れて行っていきたいですね。

インセンティブのあるルート営業なども存在していますので、月収以外の年収情報も確認すべきポイントとなります。

ルート営業に向いてる人、向いてない人

ルート営業では顧客との長期的な人間関係が気づけるかどうかが重要になります。

そのために以下のようなスキルがある人は、ルート営業に向いている人だといえるでしょう。

聞き上手の人はルート営業に向いている

顧客の現在の状況をヒアリングしたり、要望・ニーズを探ったりすることで、求められている商品を適切に提案していく力が問われます。

普段から聞き上手で相手のことを気遣えるタイプの人はルート営業に向いているのではないでしょうか。

調整能力のある人はルート営業に向いている

顧客の状況だけでなく、社内調整なども行う企業もあります。状況を把握し、調整していける能力が必要になります。

信用力のある人はルート営業に向いている

コミュニケーションがうまくとれたとしても、信頼されなければ依頼を受けるのも難しくなります。人から信頼され相談を受けることが多い人は、その能力をルート営業に活かせる可能性があります。

信頼を勝ち取るという意味で、ビジネスマナーや身だしなみも重要ですね。

気配りのある人はルート営業に向いている

隠れた顧客ニーズを見つけて提案できることも、営業成績をあげる強みになりますね。

細かな気配りに自信があるというのもルート営業に向いているポイントのひとつにあげられます。

逆に長期的な人間関係にストレスを感じてしまうというような人は、ルート営業を続けていくのが苦になってしまうかもしれません。

ルート営業への転職にアピールすべき経験・実績

転職の意思が固まったら、キャリア・スキルの棚卸をしておきたいですよね。ルート営業への転職でアピールすべき経験や実績にはどんなものがあるのでしょうか。

営業職経験

「ルート営業」でなくても、営業経験やその実績はアピールポイントになります。具体的な実績を整理し、数値を用いながらアピールしていきたいですね。

営業の経験をとおしてあなたが営業職に向いている理由を説明できると説得力が感じられます。

業界経験

職種未経験であっても、業界経験・知識があれば転職で有利にアピールできる可能性があります。

未経験者でも活躍できる?

ルート営業の採用情報を確認してみると「人物重視」という言葉を目にすることがあります。未経験でも十分チャレンジすることができるということですね。

以下はおさえておきたいポイントとなります。

パソコン経験

見積書・提案書などを作成できるパソコンスキルはアピールポイントのひとつとなります。

商品・サービスへの興味・知識

実際販売する商品・サービスに興味があることは営業の強みとなります。これまで商品やサービス利用経験があればアピールしておきたいですね。

これらの他にも求人ごとに求められる人物像が違うことにより、アピールすべきポイントは異なってきます。

求人ごとのアピールポイントを知るためにも、転職エージェントに書類・面談対策をサポートしてもらうのもひとつの方法です。

ルート営業の求人が多い転職エージェント

リクルートエージェントは、転職成功実績No.1で業界トップクラスの求人数を掲載している大手転職エージェントです。全国各地に面談拠点を構えており、業種問わずにルート営業求人を多数保有しているので、「これからルート営業に転職したい方」や「はじめて転職する方」におすすめです。

登録後は、キャリア面談から始まり、最適な求人のご紹介、書類・面接対策、面接日程の調整、年収交渉、入社前のフォローまで徹底的にあなたの転職を親身になってサポートしてくれます。

転職エージェントを上手に活用することで、希望の転職が実現できますよ。

 

人気記事営業職に強い転職エージェントを徹底比較|おすすめランキング

おすすめの人気記事

1

「どの転職エージェントに登録すればいいのか分からない。」と悩んでいませんか? 転職エージェントは数多くありますが、それぞれ得意な業界・職種やサービスの質が大きく異なってきますので、各社のサービス内容や ...

2

こんにちは、Career Change編集部です。 このようなことで悩んではいませんか? 「20代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?」 「転職をして"キャリアップ ...

3

このようなことで悩んではいませんか? 30代は、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの? キャリアップと年収アップの転職はできるの? 転職したいけど、具体的にどう動いていけばいいの? 30代の ...

4

「女性のキャリア・結婚・出産・育児を考えてくれている、女性特化の転職エージェントはないの?」と悩んでいませんか。 結婚・出産後も働き続けたいという女性が増えてきているとともに、女性を積極的に採用したい ...

-ケース別|転職

Copyright© Career Change|転職エージェントおすすめランキング , 2018 All Rights Reserved.