ケース別|転職

20代未経験からSEの転職を成功させるコツ。成功する人と失敗する人の違い

投稿日:

20代社会人が転職する理由として将来を考えて「年収を上げたい」「キャリアアップしたい」「今のスキルをもっと伸ばしたい」という動機が多いのではないでしょうか。

特に男性は技術職に就く人が多く、最初は何をしたいかわからない状態で今の会社に就職したとしても、仕事をしていくうちに色々な職業を目にして、やりたい仕事ができることも多々あります。

その中でもSEという職種は収入も高く、技術が身につくので人気が高く、転職するには難しいと考えている人が多いかもしれません。

しかし、20代は年齢的に転職しやすく 未経験からSEへの転職は可能です。ここではどうすればSEに転職できるのかをご説明していきます。

20代未経験からSEに転職する理由

20代でSEになりたいという人が多いのは、IT業界への憧れがあるかもしれませんが、IT業界以外でもIT化が進んでいるため業界内外に関わらず欲しいと思っている企業が多いのも理由の一つです。

SEに転職するには経験者が基本なのですが、20代という若い年代なら未経験でも転職できる可能性があります。

SEの経験が全くない場合は20代前半が有利です。何にも染まっていない20代前半は20代後半の未経験者よりポテンシャル採用として採用率は高くなります。

さらに、SEになることで将来の安定性や収入アップ、スキルアップ、キャリアアップにも繋がるため、20代という早い段階で転職する方が有利です。

収入アップするために転職したい

収入アップのためにSEに転職するという人も多いのではないでしょうか。

実際、腕にスキルのあるSEの平均年収は高く20代でも500万円(ボーナス込み)と、高収入と言えるでしょう。

もちろん、都道府県やスキル、企業の規模によっても変わってきますが、平均でこれだけの年収になるのですから、SEになれば年収が今より上がる人が多いはずです。

スキルアップするために転職したい

スキルアップのためにSEになりたい場合、SEのサポート業務を経てSEの技術を身につけられる企業を選ぶ必要があります。

20代で未経験の場合、ほとんどがSEのサポート業務に就きます。しかし、SEのサポートと言っても事務的な作業が多いので、どんなに長く務めてもサポートだけではSEの技術は身につかないのです。

企業によってはサポートとして採用した人が、なかなかSEの技術を身につけられる仕事に就けないこともありますので、SEへ転職したいのであれば自分が成長できる企業を探さなくてはなりません。

やりたい仕事がチャレンジできる職場へ転職したい

SEの仕事の流れは、クライアントの要望を分析し、分析した内容をまとめ、どんなシステムで構築するのかを決め、プログラミングのための設計を行い、それを基にプログラマーが作成したプログラミングがきちんと動作するかテストをしてシステム稼働という流れになります。

このように、SEと言ってもたくさんの工程があり、全てを行えるようになるのがベストですが、大企業となると一つの工程に1担当のように全ての行程を任せてもらうことはできません。

もし、SEとして全ての工程を全て学びたいということであれば大企業より中小企業の方が良いですし、一つ一つの工程のプロになりたいというのでれば大企業への転職も良いでしょう。

成功する20代SEと、失敗する20代SEの違い

SEではやりたい仕事ができそうだからと転職に成功したはいいけれど、実際入社してみるとやりたいと思っていた仕事がなくなっていたというケースはあります。

そうなると「やりたい仕事ができないからやめます」という人が出てくるのです。これを繰り返していてはSEへの転職は失敗し続けてしまいます。

ここで「やりたい仕事ができるように頑張る」と努力をすることでSEへの転職が成功するかどうかも違ってきます。

特に、自分のスキルアップやキャリアアップなど向上思考で転職したのではなく、「将来に不安があるから」「前職場の環境に不満があったから」「前職場の年収が割に合わなかった」「もっと休みがほしい」などマイナス要因で転職をした人が陥りやすい失敗です。

企業側もSEとして、今後どのような仕事をしたいのか、どう成長したいのか、それを実現させるためにどんな努力をしているのかを見ていますので、やりたい仕事ができないから辞めるという思考では面接の時点で不採用となるでしょう。

SEへの転職が「逃げ」のための転職になってしまうと失敗の原因になります。

仮に採用されたとしても長続きしないでしょう。

SEとして転職を成功させたいのなら、今一度自分がどんなSEになりたいのか、どんな技術を身につけたいのか、どう成長したいのかなどキャリアプランを見直すことが大切です。

20代未経験のSEは資格よりも転職できるスキルを身につけよう

SEに転職するためには資格が重要だと思われているかもしれませんが、20代で未経験の場合は資格よりもSEに必要なスキルを身につけることが大切です。

SEに必要なスキルとして挙げられるのが、仕事をやりきる体力と気力が必要です。

SEには精神力と体力に負担がかかる仕事です。それを未経験で行うわけですから慣れるまではかなり疲れます。

納期までに間に合わせなければならないので残業も増えますし、顧客とのコミュニケーションも必要です。

顧客や営業とのコミュニケーションがうまく取れなければSEとして成長していきません。

対話の中からアイデアやイメージが浮かんだり顧客のイメージしているものが明瞭になったりします。

SEはパソコンにかじついているイメージがあるかもしれませんが、気力、体力、コミュニケーション能力が必要なスキルなのです。

また、IT業界は流行の移り変わりが早いのでトレンドに敏感でなければなりません。

それぞれの顧客のニーズに応えられるシステムを開発するには流行にも敏感でなければならないのです。

そして、未経験からSEへの転職を希望する場合はSEの基礎知識くらいは把握しておきましょう。

SEに必要なJavaやPHP、Rudyの基礎編を書籍やインターネットで調べて学ぶ努力が必要です。

SEに必要な専門的な知識や体力面は自分1人でも養うことができますが、コミュニケーション能力は現職で向上させておく必要があります。

20代未経験からSEに転職を成功させるには転職エージェントの利用がおすすめ

転職するには、自己分析、求人探し、履歴書・職務経歴書作成、面接対策、面接日程の調整、給料交渉を全て行わなければなりません。これらを全て自分一人でやるとなると、非常に多くの労力や時間がかかってしまいます。

在職中に転職活動する方が多いですが、なかなか時間を割くことができませんし、平日夜や土日に転職に費やすと本業に支障をきたしてしまう可能性もあります。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントに登録すると、求人情報の紹介から履歴書や職務経歴書等の選考書類作成時のアドバイス、面接日の調整、採用条件・入社日のすり合わせまで無料でサポートしてくれるので転職活動が圧倒的に効率的になり転職成功確率が上がります。

転職希望者が無料でサービスを利用できる理由は、採用成功することで企業から転職エージェントへ費用が支払われる成功報酬型のビジネスモデルだからです。

転職エージェントの力を利用して転職をする方法が一般的になっており、あなたの知識や実績を、希望する企業や適した企業に売り込んでくれるのでおすすめです。

『レバテックキャリア』|首都圏のSE転職におすすめ

おすすめ度 ★★★★★
対応地域 首都圏+大阪
利用料 無料

『レバテックキャリア』は、SE特化型の転職エージェントです。IT企業の独占非公開求人や高給料求人を多数取り扱っているのが特徴です。サポート体制が手厚く、IT知識が豊富なキャリアアドバイザーに転職支援してもらえるので、首都圏で20代未経験からSEへ転職を考えている方におすすめです。

『DODA』|地方のSE転職におすすめ

おすすめ度 ★★★★★
対応地域 全国
利用料 無料

『DODA』は、日本全国の大手IT企業からベンチャー企業のSE求人まで、日本最大級の取り扱い求人数を誇る大手転職エージェントです。全国にキャリア面談拠点を配置。企業の雰囲気や職場関係といったサイト上には載っていない情報を提供してくれて、きめ細かいサポートが期待できるので地方で20代未経験からSEへ転職を考えている方におすすめです。

 

関連記事SE向け転職エージェントおすすめ比較ランキング【厳選7選】

おすすめの人気記事

1

「どの転職エージェントに登録すればいいのか分からない。」と悩んでいませんか? 転職エージェントは数多くありますが、それぞれ得意な業界・職種やサービスの質が大きく異なってきますので、各社のサービス内容や ...

2

こんにちは、Career Change編集部です。 このようなことで悩んではいませんか? 「20代で転職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの?」 「転職をして"キャリアップ ...

3

このようなことで悩んではいませんか? 30代は、どの転職エージェントを使えば実際に転職できるの? キャリアップと年収アップの転職はできるの? 転職したいけど、具体的にどう動いていけばいいの? 30代の ...

4

「女性のキャリア・結婚・出産・育児を考えてくれている、女性特化の転職エージェントはないの?」と悩んでいませんか。 結婚・出産後も働き続けたいという女性が増えてきているとともに、女性を積極的に採用したい ...

-ケース別|転職

Copyright© Career Change|転職エージェントおすすめランキング , 2018 All Rights Reserved.